高級腕時計詐欺被害【ロレックス投資・転売詐欺、情報商材代行購入】
ネット詐欺被害を解決できる法律相談窓口

▼迷ったらココ!!人気№1の相談先「日本法規情報」

日本法規情報は、ネットトラブル、副業詐欺・情報商材等、法律問題全般の解決窓口。 ご依頼者の要望や条件にあった弁護士・法律事務所をご紹介する無料のマッチングサービス。 相談料0円・無料/費用面でのリスク低/24時間365日・土日対応可能
⇒法律問題の無料相談窓口「日本法規情報」へ無料相談する

騙された!?高級腕時計(ロレックス)の詐欺被害にあった場合の解決方法と手順【騙し取られたお金を取り返す・取り戻す】

目次

高級腕時計は、ブランドバッグや高級車と言ったアイテムと並び、大人のステータスとして多くの愛用者がいるものの一つに挙げられる。
その値段はピンキリで、若い人でも頑張れば手を出せる数十万円台のものもあれば、中には数百万円〜数千万円にまで価格が跳ね上がるレアリティの高い商品も存在する。
特に有名ブランドや今では作られていないヴィンテージ品は人気を集め、どんなにお金を積んでも手にできないこともあるほどだ。
価格に加えてレア品の入手困難さもロマンを感じさせ、高級腕時計に憧れていつか趣味にしたいと考える人も多いのではないだろうか。

高級腕時計といえば、誰でもまず口にするのが「ロレックス(ROLEX)」の名前だ。
腕時計ブランドは世界中に山ほどあるが、ロレックス(ROLEX)は詳しくない人でもその名前を聞けば「高い時計だ」と認識するほどの知名度を誇る。
ロレックス(ROLEX)はデザインはもちろんのこと、機能性にも優れた世界的なブランド。
常に一定の高い人気を保っているうえ、希少性も相まって購入時よりも売値が上がることもザラだ。
基本的に買値より売値が下がることはないとまで言われており、「形のある資産」として手元におく人も増えてきているようである。
その売買レートはまるで株のように変動することから、「ロレックス投資」という言葉も生まれ、富裕層においては資産運用の一つとして高級腕時計市場に注目をしている。

しかしその資産価値に目をつけた悪質な詐欺が問題視されているというのも実情だ。
特にこのコロナ渦では旅行や外出が制限されたこともあり、「物にお金をかけたい」ニーズが高まった。
それにより、ロレックス市場は今さらに注目を集めており、そこに詐欺が群がっているということなのだ。
ロレックス(ROLEX)の詐欺は、その商品価値もあり一件の被害でも大きな損害を被る可能性もある。
どのような詐欺が起きているのか知らないでロレックス界隈に手を出すと、いきなり痛い目を見ることも考えられ、初心者はもちろんのこと腕時計投資の知識がある人でも危険だ。
今回はにわかに投資業界を騒がせているロレックス(ROLEX)の詐欺について、その詐欺の内容や対策の方法について解説していく。

【解決をお急ぎの方へ】ネット詐欺被害の相談&返金依頼のおすすめ業者のご案内
■おすすめ№1:法律問題の無料相談窓口「日本法規情報」 法律問題の無料相談窓口「日本法規情報」 日本法規情報は、無料でネットトラブルや副業詐欺被害等、法律問題全般を相談できる解決窓口。 「弁護士・法律事務所は数が多すぎてどこへ依頼すれば良いかわからない」というお悩みを一発解決。 精査された信頼できる法律事務所のみをご紹介。 ご案内可能な法律事務所は全国で1000箇所以上、法律の専門家はのべ3000人以上。 相談料0円・無料/24時間365日WEB申込受付可能/土日相談対応可能。


高級腕時計(ロレックス)の詐欺とは?

高級腕時計といえば?と聞かれたら、詳しい人ほど様々なブランドが浮かんでくるかもしれない。
しかし、一般的な知識しかない人だったら、まず最初に「ロレックス」の名前を出す人がほとんどだろう。
ロレックスはスイスの腕時計メーカーであり、その知名度は世界的なものだ。
時計としての精度の高さだけでなく、デザインや機能性の面でも人気が高い。
防水性能を持たせた「オイスターケース」や自動巻の原点ともなった「パーペチュアル」など革新的な発明もあり、いわば高級腕時計界の王様とも言える存在である。

主要モデルである「デイトナ」や「サブマリーナ」は非常に人気が高く、時代を超えたアンティーク品は高値で取引される。
そしてその市場価値は年を追うごとに下がるどころか上昇しており、希少価値のあるものは元値の何倍にも価格高騰が起きることも珍しくない。
数百万円を超える値段がつくロレックスはもはや「資産」であるとして、コレクション目的ではなく投資を目当てにロレックスを購入する層も市場に参入し、株のように価格レートが注目されるのだ。

ただ、そういった「商品」としての価値だけでなく、「資産」としての側面も強くなってしまったロレックスは、利益を求める道具としても利用されてしまう。
正規店で買った商品を買取店で売ることで定価よりも何十万、何百万という利益を得ることができるという状況から、悪質な詐欺師にとっても利用価値のあるアイテムだ。
実際に高級腕時計に関する詐欺で大金を失う事件も発生しており、警察や国民生活センターといった機関も注意を促している。

ロレックスに関する詐欺、ネットの声は

コロナの流行以降、被害件数が増加傾向にあるという高級腕時計関連の詐欺。
ネットで調べてみると、被害者や怪しげな話を持ちかけられたという人の声が多数見つかる。
それらの一部をここで紹介しよう。

巷にあふれるロレックスの偽物

高級ブランド品によくある偽物騒動。
ロレックス(ROLEX)も例外なく偽物が出回っている。
フリマアプリやオークションサイトでの販売も多く、偽物と知らず大金を支払ってしまうトラブルも起こっているようだ。

また、SNSやYoutubeなどの広告にも怪しげな販売サイトのプロモーションが出てくることがあり、うっかりクリックしないよう気をつけなければならない。

在庫処分で格安販売の偽情報

老舗デパートや高級ブランドを扱うショッピングモールなどの名前を騙り、偽の通販サイトへ誘導するというケース。
これももちろん偽物が売られている。
百貨店の名前を騙る偽サイトについては国民生活センターも注意喚起を行っている。

購入代行(代理購入)、転売代行など怪しい誘い

ロレックスを正規店で購入する手伝いを募集したり、購入から転売までを代行するという申し出に乗ったことで被害に遭うという例。
投資や副業の話と同じく、ロレックス界隈にも怪しげな誘いが蔓延しているようだ。

LINEを使った詐欺当選の報告も多い

ロレックス関連のトラブルで調べていくと、LINEを使った偽当選メッセージについての声も多くみられた。
これはロレックスという存在が老若男女に知られている存在だからこそ起きるという典型的な例と言えるだろう。

こうやってネットの声を見てみると、お金を持っている富裕層狙いの投資の持ちかけだけでなく、ロレックスに憧れる若い世代に偽物を売りつけるような詐欺も非常に多いことがわかる。

では、実際にどのような詐欺被害が起きているのか、その種類について次項から解説を進めていこう。

高級腕時計(ロレックス)の詐欺の種類について

ロレックスの偽物による詐欺

ロレックスは人気ブランドなだけに、偽物も多く出回っている。
近年では本当に鑑定のプロでないと見分けられないような精巧な偽物も登場してきており、より注意が必要だ。

ロレックスの偽物を手にしてしまうシーンとしては下記のような例が挙げられる。

  • フリマアプリ、オークションサイトでの購入
  • 友人知人から譲り受ける
  • ロレックスの購入代行に依頼する
  • SNSの広告などから飛ばされる偽通販サイト

特に最近はフリマアプリでのロレックス偽物販売の報告が増えてきている。
高値の商品なだけに、ネット上の情報だけで判断してしまうのは非常にリスクが高い

偽物に関わる詐欺だと、道端で「ロレックスをあげる」と声をかけ、「飲み代くらいくれ」とお金を要求するという時計詐欺も起きているようだ。

正規店購入代行の募集、購入転売代行の誘い

TwitterやLINEのオープンチャットなどで「ロレックスを正規店で購入してくれる方募集!」といったアルバイトの求人が行われることがある。
ロレックスを正規店で買い、依頼主に送ると転売した分の差額とバイト代が支払われるというものだ。
正規店の倍以上の価格で転売するから、購入者には多くの差額分が入るという触れ込みである。
しかしこれは結局のところ商品を持ち逃げされる詐欺につながってしまう。

詐欺師はなぜ自分自身で購入しないのか、というとそれには転売目的の購入が正規店から警戒されているという理由がある。
今現在ロレックスは需要の高さに反して供給が間に合っておらず、その結果定価よりも転売の価格が高騰している。
買って売るだけの簡単な稼ぎ方として、転売人がお店に殺到し、ロレックスの店員は転売目的の人に売らないよう注意を払っているのだ。
何度も購入に来る人は疑われやすく、店員から販売を断られることもあるため、購入代行のバイトを探している人は転売ヤーである可能性も考えられる。

逆に、どうしてもロレックスが欲しいがなかなか買いたいモデルに出会えない、店が遠くて通えないという人をターゲットとした購入の代行の誘いで詐欺に遭うパターンもある。
お金を渡してくれれば代わりに購入するという話に乗ってお金だけ持ち逃げされるという詐欺だ。
どちらの話も大金を失う危険があることを知っておいてほしい

百貨店を騙る偽通販サイトによる被害

知名度や信頼度の高い百貨店やショッピングモールを騙る偽アカウントが在庫処分やスペシャルセールと銘打って、格安のロレックスを売っているとSNSで発信し、詐欺サイトへ誘導するという被害が出ている。
それも95%オフなど、破格にも程がある値段で販売されているのだ。
ロレックスに憧れがある人にとっては「他にはない機会だ」と飛びつきたくなってしまうのは当然だろう。

ただ、やはりそんな美味しい話はない。

偽通販サイトで偽物を数万円で買わされたり、購入のために入力した個人情報やクレジットカード情報が悪用されるという結果になる。

なりすまされた百貨店も大きな迷惑を被り、公式のアカウントが偽の通販サイトで買い物をしないよう注意を発信する場面も見られた。

LINEを使ったロレックス当選スパム

ネットの声でも非常に報告件数が多かったLINEを使ったロレックスの当選通知。
簡単なゲームやくじ引きのようなもので全員に「おめでとう!ロレックスが当選しました」と当選画面を表示させる。
ロレックスの受け取りのためにはLINEの友達20人に指定のURLを拡散する必要があるとして、悪質サイトやフィッシングサイトなどのページへ多くの人を誘導させるのだ。

もちろん実際にロレックスがもらえる訳はなく、送付先として個人情報を抜き取ったり、拡散された人がまたさらに多くの人へメッセージを送り被害を拡大させることを目的としている

ロレックスの名前は年代や性別に関わらず浸透しているため、特に若い世代の「ロレックス=すごく高級な時計」くらいの認識が余計に被害を広げてしまう傾向にある。

ロレックス投資に関する情報商材、note

ロレックスを株や仮想通貨などと同じく「投資」の媒体として考える人がいる。
その結果、他の投資と同じく、「絶対稼げる」と銘打った情報商材や有料noteも出回ることになったのだ。
また、正規店で定価購入をするというのは、売りやすいモデルであるほど困難を極める。
デイトナやサブマリーナを安定して正規店購入、そして高額転売をする方法をまとめた情報商材は、これからロレックスで稼ごうという人には欲しくてたまらない内容だろう。

ただし、やはり他の投資やギャンブル関連の情報商材と同じく、高額で販売されるのに内容はひどいものがほとんど
ネットで無料で読めるような内容で数万〜数十万円を騙し取られることになる。

高級腕時計(ロレックス)の詐欺の手口について

SNSやLINEを使って多くの人に情報を拡散させる

先ほど紹介したLINEの当選スパム、SNSで「これをリツイートした人の中から抽選でプレゼント」のような触れ込みなどで、SNSユーザーを使って怪しげな情報を拡散させる手口。
拡散されていくことでより多くの人の目に触れることになり、結果詐欺のカモになってしまう人も増えてしまうという算段だ。

情報の拡散は気軽な気持ちで行われてしまうことが多く、詐欺に限らずデマ情報や嘘も拡散される中で影響力を持ってしまう
知らず知らずのうちに悪質業者や詐欺師の片棒を担ぐようなことにもなるため、怪しい話は安易に拡散しないことだ。

正規店の購入証明書の偽装

ロレックスを正規店で購入した際に付属する保証書。
フリマアプリやオークションサイトなどで出品されているロレックスには「保証書あり」と写真が添付されていることがほとんど。
しかし、正規店の保証書がついているなら安心…と思い込んでしまうのは危険である。
一見では見分けることが難しいくらいよく出来た保証カードの偽装も横行しているのだ。

現状、保証書はクレジットカードのようなプラスチック製のものが採用されており、購入店や購入者の情報が記載される。
このデザインを模したものを作り、正規店購入したように見せかけるという手口を使って偽物を取引するのである。

本物にはブラックライトで浮き上がる模様や、線に見えるほど細かなロレックスの文字列など、偽装されないような工夫が各所に見られる。
ただ、その見分け方まで知っている人は少なく、保証書の写真があるというだけで安心してしまうのが一般的なケースだろう。

さも多くの取り扱い実績があるかのような画像を見せ安心させる

ロレックスは例え後で売ってお金にするとしても高価な買い物だ。
「本当に高く買い取ってもらえるの?」「ちゃんと正規店で購入したものを受け取れるの?」と不安になるのは当然である。
そんな時に「これまでこれだけの取引を扱って、これだけの儲けを出してきた」という実績を見せられたらどうだろうか。
「こんなに過去の実績があるなら信頼できるかも」と考えてしまう人が多いだろう。

しかし、パッと見せられた写真が本当にその人の実績かどうか、どうやって判断すればいいのだろうか。
つまり、偽の実績を見せることで安心させようとしているという魂胆があるかもしれないのだ。

「リサイクルショップでも利益が出る」「既に高額での買取先が決まっている」と説得してくる

ロレックス投資は需要と供給のバランスが崩れている今、大きな損はない比較的安全な投資だと言って丸め込むのも詐欺師のやり方だ。
実際今の供給バランスから考えるに、本当に正規店購入をして転売すれば多少の儲けがあることは確かだろう。
それをいいことに、ロレックスの投資にネガティブな人には、「今はリサイクルショップに売っても儲けが出る時代だ」や「高額で買い取ってくれる店と確約している」と100%問題がないかのように言い張るのである。

理論的には確かにお金が入る話ではあるが、詐欺師にお金や商品を渡してしまえば全て水の泡だ。
本気でロレックス投資を安全に行いたいならば、自分で購入と転売ルートを切り開くのが一番である。

高級腕時計(ロレックス)についての話が本当に詐欺であるか、見分け方

「ロレックス投資」自体の怪しさを認識する

そもそも、もし自身に安価でロレックスの購入できる場所と転売先があるのなら、他人に購入・転売の話を持ちかけることはしないだろう。
なぜなら、人を巻き込まなくても自分だけで安定してロレックス投資で稼ぐことができるからである。
特に正規店での人気モデルの購入は難易度も高く、人に教えることで自分の稼ぎが大幅に減ることも考えられる。
つまり、ロレックスで儲けられるという話を持ちかけてきた時点で怪しむ必要があるのだ。

また、怪しい話だと断ろうとすると、「せっかくあなたにだけと思ったのに」「断るなら他の人に…」などと限定感・特別感を出して食い下がるかもしれないが、これも詐欺の常套句なのでうっかり心が揺らがないようにしたい

商品と代金のやり取りは、直接同時に行うこと

相手にお金を渡してロレックスを買ってもらう、または自分が代理購入した後にお金を受け取るという場合は、必ず代金と商品は同時に受け渡すこと。
結局のところ、「商品を受け取ったらお金を送金します」「入金が確認できたら商品購入します」というタイムラグを作ってしまうことが一番のリスクなのだ。
こちらから先に行動を起こすと、ロレックスもしくはお金を受け取った時点で逃げられてしまう可能性がある。
必ず、同時にやり取りして受け渡すことを条件にしよう。

また、相手の買った商品が偽物であるケースも考慮し、その場でリサイクルショップや鑑定店で本物かどうかを査定してもらうことも条件とするとより安心だ。

相場より安すぎるロレックスは信用しないこと

まず、数万程度でロレックスが買えるという話は論外だ。
ロレックスは市場価値が下がらないどころか転売が横行するほど高値がつく商品である。
それを在庫処分で95%オフなどで売る理由が見つからない

そして、例えば大体の市場相場が450万円のところを250万円など、そもそもは高価だが安く出品していると見せかけるケースも要注意。
例え相場より大幅に安くとも、買ってしまうと250万円で真っ赤な偽物をつかまされるだけだ。
いくらお得だと感じても相場より安いロレックスに手を出すのは危険である。


高級腕時計(ロレックス)で詐欺にあってしまったら状況・情報の整理をしよう【証拠集め・裏付け】

ロレックス関連の詐欺は、例えば購入の代行を請け負って逃げられたという場合を見ても数百万の被害額となってしまう。
単発の被害でもその損害は大きく、手を広げるほどに手が打てないほどの金額にすぐ膨れ上がってしまうだろう。
相手に逃げられて被害回復が難しくなる前に、しっかりと詐欺の証拠や相手の情報を押さえておくことが大切だ。

被害の大きさにもよるが、多くの場合は個人の力では解決が困難となる。
専門機関への相談も見据え、他人が見てもわかりやすいようなまとめ方をしておくと後々便利だ。

  • 相手や事業者の情報
    名前、事業者情報、SNSのアカウント、連絡先など
    情報を書き換えたり消される可能性もあるので現状をスクリーンショットしておく
  • 被害の詳細
    どのような被害にあったのか内容を書き出す
    被害金額が分かるものをまとめておく(クレジットカード明細、銀行の振り込み履歴、領収書など)
    偽物を買ってしまった場合は物や納品書などをとっておくこと
  • 相手とのやり取り
    メッセージアプリやSNSのDMなどの画面はスクリーンショットしてデータ化
    通話や対面で話したときの会話は録音できると良い証拠となる

怪しいと思ったら記録することはもちろん、ロレックスは高価な物なため、念のため相手との関わりが始まったところから記録を始めておくことをおすすめしたい。


問い合わせ相談窓口や電話・通報連絡先:実際に高級腕時計(ロレックス)の詐欺にあった場合の解決方法と手順【どこに連絡・相談するべきか?】

①自力解決!?高級腕時計(ロレックス)の販売者、話を持ちかけてきた人と直接話し合う【詐欺加害者とご自身でやり取り】

相手と連絡が取れる状態なのであれば、一度直接話し合ってみると良いだろう。
ただ、ロレックス関連の詐欺は「故意ではない」という事態はほとんどなく、そもそも詐欺目的で話を持ちかけてきている。
返金や商品の返還などを求めても、相手はロレックス詐欺に慣れているため、様々な理由をつけて丸め込まれてしまうかもしれない。
場合によってはいきなり連絡が取れなくなるリスクもあるため、あまり刺激しすぎないように気をつけよう。

また、フリマアプリやオークションサイトで偽物を買ってしまったという時は、サービスの運営者に連絡してサポートを受けることができるかもしれない。
個人間の取引の場合は自分自身で交渉するしかないが、そういったサービスを使っていた場合は速やかに運営へ連絡してみよう。

メリット

  • 個人同士の話し合いで解決できれば時間や手間をかけずに済む
  • フリマアプリなどを介した取引の場合は、運営のサポートが受けられることも

デメリット

  • 詐欺目的の相手を個人の力で打ち負かし、被害回復をするのは困難
  • 大きな詐欺グループが裏に潜んでいることもあり、1人で戦うことは危険も伴う

②高級腕時計(ロレックス)の詐欺について無料で相談できる窓口へ連絡・通報

詐欺だと気づいたら速やかに行動を起こすことが大切だが、なかなか1人ではどのように動くべきか判断をつけるのは難しいだろう。
そんな時はぜひ下記で紹介する窓口を活用して活路を見いだしてほしい。
公的な機関が運営しているため、安心かつ無料で相談に乗ってもらえる。

詐欺なのかな?騙されているのかな?とまだ自分でもはっきりと断定できない状況でも問題ない。
怪しいと思ったらとりあえず窓口へ電話し、専門的な視点から判断して貰えば良いのである。
大きなお金が関わる詐欺は、身近な人には相談しにくい面もあるため、このような第三者機関へぜひ話をしてみてほしい。

消費者ホットライン

ロレックスをはじめとする高級腕時計がらみのトラブルは増加しており、消費生活センターがその相談を受け付けている。
消費生活センターに相談する際に利用したいのが、消費者ホットラインだ。
「188(いやや)」で全国どこからでもかけることができ、最寄りの消費生活センターへ電話を取り次ぐサポートをしている窓口である。
消費者トラブルの時はいやや、と覚えておけば、困った時にすぐ相談できるので便利だ。

消費者側から商品返品や契約解除が行えるクーリングオフの制度が使えることもあるので、条件の確認も含めて一度話をしてみよう。

警察相談専用電話

お金や高額のロレックスを持ち逃げする行為は、大きな被害になるほど詐欺として警察の捜査が入る可能性もある。
まずは今の状況を整理し、警察相談専用電話に話をしてみよう。
警察相談専用電話はその名の通り相談を専門とした電話窓口。
被害の状況や相手の行動などを聞き取りし、解決に向けたアドバイスや最適な専門機関の紹介を行なっている。
ことが重大だと判断されれば何らかの動きがあるかもしれない。

緊急性のない相談でも受け付けているので、ハードルが高いとは思わず気楽に相談してみよう。

法テラス

ロレックスの転売行為事態は違法にはならないが、その他諸々書類の偽装などが関われば法的に問題があると判断されるかもしれない。
法的立場から今の状況はどうなのか判断するためには、法テラスへの相談が便利だ。
違法にはならないのか、もし法的に動くならばどこに依頼すればいいのかなど、総合的にアドバイスをしてくれる。
弁護士を探している時は紹介を受けることも可能だ。

また、ロレックスの詐欺で大金を失い弁護士が雇えない…というような費用面が不安な人に向け、弁護士費用の立替や分割での支払いを可能とする制度を受けられる場合も。
適用には条件があるためまずは確認してみるといいだろう。

適格消費者団体・特定適格消費者団体

適格消費者団体は誇大広告や偽サイトへ誘導する迷惑な広告などを、消費者に代わって差し止め請求を行える権限を持つ機関だ。
例えば「ロレックス2万円!」や「○○百貨店の在庫一掃セール」などの詐欺師による広告を差し止めることができるのである。
差し止めをして人目につかないようにすることで被害拡大を防ぐ効果も期待できるため、怪しい広告を見かけたら報告してみよう。

また、特定適格消費者団体であれば、被害者を複数集めて集団訴訟を起こし被害回復を図ることができる。
もしも同じ相手から同様の被害を受けた人が何人か存在しているケースなら、裁判費用を折半しながら被害金を取り戻せるかもしれない。

メリット

  • 信頼のおける運営元による相談窓口で、安心して利用できる
  • クーリングオフ、法テラスによる裁判費用の分割支払い、集団訴訟など公的機関ならではの制度を使って被害回復が図れる
  • 警察相談専用電話自体は相談を目的とした窓口だが、警察に相談することで重大な詐欺は動きがある可能性も

デメリット

  • 相談のできる時間帯が限られるため、平日昼間に時間が取れない人は利用しづらい
  • 相談したからと言っって直接的に解決へ繋がるとは限らない

③法律事務所への依頼で被害金を取り返す!!高級腕時計(ロレックス)の詐欺について弁護士・司法書士へ相談

ロレックス関連の詐欺で大金を失うような被害を受けた場合は、弁護士・司法書士の力を頼り、法的な力でしっかりと相手に返金や損害賠償の請求を行うのが最も効果的だ。
大きな被害にあったならば、個人の力で時間をかけて何とかしようとするよりも、例え依頼料を支払ったとしてもプロにお金を取り戻してもらった方が手元に残るだろう。
まずは一度相談をし、費用面や解決の可能性について確認・打ち合わせをしてみよう。

近年では公式サイトにいつでも利用できる問い合わせフォームを設けたり、LINEやメールで24時間体制で相談受付をしている事務所も増えてきた。
最初から対面相談や電話はしにくいという人は、そう言ったネットを介したコンタクトをとってみるのがおすすめだ。
複数の事務所に問い合わせをかけて、相性が良さそうな弁護士・司法書士を探すのも良い手だろう。

メリット

  • 被害が大きいほど弁護士・司法書士へ依頼する効果を感じられる
  • 返金交渉、損害賠償請求など、依頼後は全て法律のプロによって適切に対応が行われる
  • 無料相談やネットを介した問い合わせで事前に費用面や解決の方法などをしっかり打ち合わせできる

デメリット

  • 全ての案件に対して弁護士・司法書士が100%解決できるとは限らない
  • 被害額が小さいケースは、依頼することで逆に支払いで赤字になってしまう場合も

結論:大人の嗜み「ロレックス」が詐欺のターゲットに…美味しい話には要注意!

世界中から愛される高級腕時計の王様的存在のロレックス。
職人によって作られる美しく精巧な腕時計は、もはや芸術品の域にも達すると言われ、腕時計コレクターにとっては憧れの存在だ。
あまりの需要の高さに供給が追いつかず、その結果正規店で定価購入した時計をそのままリサイクルショップに売るだけで数十万〜数百万もの儲けが出るという状況。
まるで株などの投資のように儲けが出ることから「ロレックス投資」という言葉も生まれ、転売目的でロレックスを求める転売ヤーが店舗に殺到し本当に欲しい人の手に渡らないというのも問題になっている。

中古品でも資産価値が落ちないと言われるロレックスは資産運用の媒体としても人気が高い。
そこに目をつけた詐欺師が「絶対稼げる」「安定して購入・転売ができる」と誘い、お金を騙し取るトラブルが多発している。
中には高額で偽物を売りつけるケースもあり、ちゃんとした鑑定や保証書無しにロレックスを正規店以外で買うことは非常にリスクが高いというのが実情だ。
美味しすぎる話には必ず裏があるという認識を持ち、うかつにロレックス投資の話に乗らないことが大切である。

ロレックスに関わる詐欺は被害が高額になることが多く、その額は簡単に数百万円を超える。
しかし騙されたショックで行動を起こせずにいると、気づいた時には相手が音信不通で逃げられてしまうことも。
詐欺かも?と怪しく感じたら相手の情報ややりとりなどを記録し、いつでも専門機関に相談できるようにしておこう。
詐欺の解決、被害回復のためには、できるだけ早い行動が鍵となる。
被害額が大きい場合は弁護士・司法書士に頼るなど、適切な解決方法でしっかりと被害金を取り戻そう。

ネットトラブル詐欺被害(情報商材&副業詐欺)における返金を依頼するならココ!!
■おすすめ①:法律問題の無料相談窓口「日本法規情報」 法律問題の無料相談窓口「日本法規情報」 日本法規情報は、無料でネットトラブルや副業詐欺被害等、法律問題全般を相談できる解決窓口。 「弁護士・法律事務所は数が多すぎてどこへ依頼すれば良いかわからない」というお悩みを一発解決。 精査された信頼できる法律事務所のみをご紹介。 ご案内可能な法律事務所は全国で1000箇所以上、法律の専門家はのべ3000人以上。 相談料0円・無料/24時間365日WEB申込受付可能/土日相談対応可能。

⇒詳細の解説・評判はコチラ ⇒無料相談・ご依頼はコチラ


■おすすめ②:イーライフ司法書士法人(旧:平栁司法書士事務所)   イーライフ司法書士法人 ネット副業詐欺や情報商材詐欺被害の相談&返金に強いイーライフ司法書士法人(旧:平柳司法書士事務所)。 相談料・交渉料・着手金は0円!!依頼費用は詐欺業者から返金額の35%!!お金がない人でも安心。

⇒詳細の解説・評判はコチラ ⇒無料相談・ご依頼はコチラ


Twitterでフォローしよう

おすすめの記事