Twitter(ツイッター)の詐欺被害の返金方法・手順・相談窓口【最終手段は弁護士・司法書士】

騙された!?Twitter(ツイッター)の詐欺被害にあった場合の解決方法と手順【騙し取られたお金を取り返す・取り戻す】

目次

文字や画像、動画を投稿でき、世界中の人とコミュニケーションを取れるSNSの一つTwitter(ツイッター)。
2020年9月時点で約4,500万人が利用している人気のSNSである。
しかしながらその人気の裏で、ハッキング・アカウント乗っ取り・なりすまし・フィッシング・プレゼントキャンペーン企画など様々な手口で詐欺が行われている。
2020年10月には、ツイッター内に広告として表示された某有名電気機器メーカーの公式サイトそっくりな偽サイトに多くの人が誘導され、80%OFFなど高い割引率をうたい代金のみ騙し取る詐欺が話題となった。
いつでも気軽に楽しめるTwitter(ツイッター)、その詐欺被害にあった場合の解決方法と手順を紹介する。

【解決をお急ぎの方へ】ネット詐欺被害の相談&返金依頼のおすすめ業者のご案内
■悪質詐欺サイト・出会い系被害の相談&返金なら「弥栄法律事務所
ネット詐欺事件、副業詐欺・高額情報商材詐欺等のネットトラブル全般の解決が可能!!
出会い系アプリや婚活サイト詐欺も得意。
相談料や着手金は無料!!必要な依頼費用は詐欺業者から返金成功後の回収額25%のみ、リスク低!!
■ネット副業・情報商材詐欺被害の相談&返金なら「平柳司法書士事務所
相談料・交渉料・着手金は0円!!成功報酬なので依頼費用は詐欺業者から返金回収額35%!!お金がない人でも安心。


Twitter(ツイッター)の詐欺とは?

Twitter(ツイッター)の詐欺とは、悪質な詐欺師がSNSの一つであるTwitter(ツイッター)を利用し、フィッシングするためのURLや乗っ取りのための連携アプリを送りつけ個人情報を盗みとったり、現金を騙し取る、またアカウントを乗っ取り大勢の人に広告を送り偽物や粗悪品を購入させるもしくは、代金を振り込ませ商品を送らないといった詐欺である。

Twitter(ツイッター)の詐欺の種類について

ハッキング、アカウント乗っ取り、なりすまし、フィッシング、「プレゼントキャンペーン」や「現金プレゼント」などの企画と称して情報を拡散し、個人情報を盗みとったり現金を騙し取るなど、Twitter(ツイッター)を利用した詐欺には様々な種類がある。

Twitter(ツイッター)の詐欺の手口について

利用者の多さの割に、横行する詐欺の手口について知らない人も多いだろう。
詐欺のパターンや手口を知っておくことで自分が被害にあうのを防ぐことができ、リツイートにより被害を拡大させることも未然に防ぐことができる。
前述した詐欺の種類別にその手口を紹介しよう。

Twitter(ツイッター)を利用したハッキング・アカウントの乗っ取り

総当たりつまりIDとパスワード見つけるために全てのパターンを試す、また何らかの方法でメールアドレスやパスワードを盗み出しツイッターのアカウントを乗っ取り、「現金やビットコインを2倍にする」などの儲け話をツイートして金銭を騙し取ると言う詐欺である。
個人のアカウントを乗っ取って行うため、ターゲットは乗っ取った人をフォローしている人々であり、それらの人のアカウントをさらに乗っ取って詐欺の踏み台にするといったケースも見られる。

Twitter(ツイッター)を利用した、なりすまし・フィッシング

友達になりすまして高級ブランドの激安サイトに誘導したり、ツイッター経由で偽ブランドを販売する通販サイトへ誘導して商品を購入させ、実際にはクレジットカードなどの個人情報が盗まれるというのがTwitter(ツイッター)を利用したなりすまし・フィッシング詐欺の手口である。

Twitter(ツイッター)を利用したプレゼントキャンペーン企画詐欺

「現金をプレゼント」という名目で多くのフォローやリツイートを集め、それらの人を詐欺のターゲットとして売買したり、あらゆる詐欺サイトに誘導し個人情報を盗み出したり、「当選した」と言って現金受け取りのための手数料や登録料を騙し取るというのTwitter(ツイッター)を利用したプレゼントキャンペーン企画の手口である。
また、詐欺を行っている側は、純粋なお金儲けではなく、フォロワーを増やすために偽プレゼント企画を行うケースが有る。
実際にはプレゼントが誰にも行われずに自作自演のプレゼント受け取り報告を別アカウントで行うことで信憑性を高めて、プレゼント企画参加者を騙しているケースも多い。

Twitter(ツイッター)の詐欺が本当に詐欺であるか、見分け方

「うまい話にはウラがある」もの。
「現金が当たる」「スマホが当たる」と言ったうまいだけの話は、まず詐欺かもしれないと疑ってかかるのが身のためである。
またネット社会だからこそ、詐欺の情報も多く得ることができる。
類似したTwitter(ツイッター)の詐欺の情報がアップされていないか調べてみるのも、詐欺かどうか見分ける方法の一つである。
高級ブランドや有名メーカーの詐欺サイトは、公式サイトそっくりにできていることが多いので、誘導されるままにサイトに移動するのではなく、実際に公式サイトを検索して確認するのも有効だ。


Twitter(ツイッター)で詐欺にあってしまったら状況・情報の整理をしよう【証拠集め・裏付け】

詐欺師にお金を払ってしまったら、重要なのは支払った証拠を残しておくことである。
またその原因となったツイートをスクリーンショットで画像として残しておくことや、詐欺サイトのURL、連絡先や会社名などをメモしておくことも行ってほしい。
詐欺師と直接やり取りをした履歴があるなら、メールや電話などの履歴も残しておこう。


問い合わせ相談窓口や電話・通報連絡先:実際にTwitter(ツイッター)詐欺にあった場合の解決方法と手順【どこに連絡・相談するべきか?】

①自力解決!?やり取りをしている相手へ直接問い合わせる【運営元とご自身でやり取り】

誘導された出会い系サイト、ブランド安売り偽サイト、プレゼント受け取りサイトなどに登録料や手数料を支払ってしまった場合、各サイトに記載のある連絡先に直接連絡してみるのも一つの方法だ。
またこの場合の被害額は数百円または数千円かもしれないが、アカウント情報を盗み取られている可能性もあるため、返金を求めると同時にパスワードの変更などを行って、二次的被害に合わないように気をつけてほしい。

メリット

  • あっさり返金されれば時間も労力もストレスも最小限で解決できる
  • 自分で被害回復ができれば大ごとにならずに解決できる

デメリット

  • 詐欺師との直接のやり取りで相手を刺激すればさらに被害を受ける可能性もある
  • 犯罪者との直接対峙は怖くて危険

大勢の人を騙しているため一人の被害は少額である場合、直接返金を求めることで逆に目立ってしまい、アカウントの不正利用や個人情報の悪用など二次的被害を煽ってしまう可能性もある。
自力で解決しようとする場合は十分な注意が必要だ。

②Twitter(ツイッター)の詐欺について無料で相談できる窓口へ連絡・通報

日本には、ネットトラブルや詐欺にあった場合に無料で相談できる窓口がいくつもある。
そのケースにより適した窓口に相談することで早い解決を期待でき、同時に他の多くの人が同様の被害に遭わないように防ぐことにも貢献できる。
利用できる無料の相談窓口をいくつか紹介しよう。

サイバー犯罪相談窓口

警察のサイバー犯罪相談窓口はインターネットトラブルの相談を専門に扱っている窓口である。
詐欺にあったと分かったらまず相談してみることをおすすめする。
警察の窓口とあり悪質で他にも被害者が出ることが予想される場合は、捜査が行われる可能性があり被害の拡大を防ぐことにも繋がる。
Twitter(ツイッター)の詐欺についても、多くの情報を持ち合わせていることが考えられ、今後どう行動すべきかを判断する上でも有効だ。

サイバー犯罪相談窓口一覧はこちら

法テラスサポートデスク

様々な法的トラブルを解決するために国によって設立された「法テラス」。
弁護士への相談は費用がかかると躊躇する人も多いが、法テラスなら無料で相談でき法律の専門家より適切なアドバイスを受けることができる。
刑事・民事を問わずあらゆる相談に対応しているためTwitter(ツイッター)の詐欺についても相談してほしい。
法テラスはコチラ

消費者ホットライン(#188)

国の公的機関である国民生活センターが運営する消費者ホットライン。
「Twitter(ツイッター)経由で詐欺サイトに誘導され届くことのない商品を注文してしまった」「不当に請求された登録料や利用料を支払ってしまった」というような場合も相談することができる。
消費者ホットラインはコチラ

メリット

  • 無料で相談できるので経済的に余裕がなくても安心
  • 警察への通報で安心感を得ることができさらに被害拡大を防ぐことに貢献できる
  • 詐欺かどうか曖昧でも気軽に相談できる

デメリット

  • 受付時間が限られており利用者も多いので解決までに時間がかかる可能性がある
  • 警察への連絡はあくまで通報する窓口であるため被害回復などの相談はできない

 

③法律事務所への依頼で被害金を取り返す!!Twitter(ツイッター)の詐欺について弁護士・司法書士へ相談

インターネットトラブルの解決において重要なのは、とにかく早く対策に取り掛かることである。
その点、インターネット関係の案件を得意とする弁護士や司法書士事務所は、24時間365日相談を受け付けているところも多く、早期着手を期待することができる。
Twitter(ツイッター)の詐欺について弁護士や司法書士に相談Twitter(ツイッター)の詐欺Twitter(ツイッター)の詐欺することの、メリットとデメリットを紹介しよう。

メリット

  • 24時間365日相談できる事務所なら早期着手と早期解決が期待できる
  • インターネットトラブルを得意とする事務所なら安心して依頼することができる
  • 自分では一切やり取りせず全てを任せることができる

デメリット

  • 相談料・着手金・報酬といった費用が必要になる

デメリットとして挙げたように、弁護士や司法書士といった法律の専門家には相談するにも費用がかかると思われがちであるが、最近では相談料や着手金を取らず完全成功報酬型を採用している事務所も多いため、事務所選定の際には参考にしてほしい。


結論:Twitter(ツイッター)の詐欺にあったら警察への通報と並行して弁護士や司法書士に相談を!

無料の相談窓口に挙げた警察の窓口は通報の要素が大きく、個人の被害回復という面では相談が難しいため、とにかく被害金を確実に取り戻したいなら警察への通報と同時に、法テラスや消費者ホットライン、弁護士や司法書士に相談してほしい。
呟いては削除できるTwitter(ツイッター)が詐欺の手口として用いられている以上、解決するには対応のスピードが最も重要になるため、冷静に証拠集めなどを行いつつも早めに専門家への連絡をおすすめする。

ネット詐欺や情報商材&副業詐欺被害における返金を依頼するならココ!!
■おすすめ①:弥栄法律事務所 弥栄法律事務所_詐欺被害 ネット詐欺、副業詐欺・高額情報商材詐欺、サクラサイトや出会い系詐欺被害の相談&返金が得意な弥栄法律事務所。 相談料や着手金は無料!! 必要な依頼費用は詐欺業者から返金成功後の回収額25%のみ、リスク低!!

⇒詳細の解説・評判はコチラ ⇒無料相談・ご依頼はコチラ


■おすすめ②:平柳司法書士事務所 平栁司法書士事務所_詐欺 ネット副業詐欺や情報商材詐欺被害の相談&返金に強い平柳司法書士事務所。 相談料・交渉料・着手金は0円!!依頼費用は詐欺業者から返金額の35%!!お金がない人でも安心。

⇒詳細の解説・評判はコチラ ⇒無料相談・ご依頼はコチラ


Twitterでフォローしよう

おすすめの記事