LINE詐欺被害で返金する方法・手段

騙された!?LINE(ライン)の詐欺被害にあった場合の解決方法と手順【騙し取られたお金を取り返す・取り戻す】

今や子供から大人まで、さらにビジネスでも日常的に利用されているLINE。
誰でも気軽に利用でき、その利便性と楽しさで人気のコミュニケーションツールだ。
そんな国民的な連絡手段も、犯罪者により悪用され様々な詐欺が行われている。
LINE詐欺の被害者は、金銭的な損失だけでなく人間関係のトラブルが伴う場合もあり、大きなストレスを抱えてしまうことも多い。
誰もが警戒すべき、LINE詐欺の種類や手口、被害にあった場合に返金させる方法について紹介しよう。

【解決をお急ぎの方へ】ネット詐欺被害の相談&返金依頼のおすすめ業者のご案内
■おすすめ№1:「弥栄法律事務所 弥栄法律事務所_詐欺被害 弥栄法律事務所は、ネット詐欺事件、副業詐欺・高額情報商材等のネットトラブル全般の解決が可能!!出会い系アプリや婚活サイト詐欺も得意。 相談料・交渉料・着手金は0円・無料!!弁護士への必要な依頼費用は返金成功後の回収額のうち25%のみリスク低!!


LINE(ライン)詐欺とは?【ライン詐欺乗っ取り=アカウント泥棒・フィッシング詐欺】

LINE詐欺とはその名の通り、LINEを用いたなりすまし、乗っ取り、フィッシング詐欺のことを言う。
また、アカウント泥棒と呼ぶケースも多い。
LINE(ライン)は学生から年配者まで幅広く利用されており、普段やり取りをしている「友達」からのメッセージにとあって、詐欺とは全く疑わずすっかり信用してしまい騙されてしまう人が多い。
またアカウントを乗っ取られた人物もまたLINE詐欺の被害者である。
金銭を要求したり、プリペイドカードの購入を依頼したりすることで友達の信頼を失い、友人関係に深刻なトラブルを抱えてしまうこともある。

LINE詐欺の種類について

種類としては、アカウントの乗っ取りにより個人または団体になりすまし、登録されている「友達」へメッセージを送り金銭を騙し取る「なりすまし・乗っ取り詐欺」、LINEの運営元を装いアカウントの不正ログインの警告など嘘のメッセージを送り、本文内にあるURLから本物そっくりのログイン画面へ誘導、そこからアカウント情報を盗み出すといった「フィッシング詐欺」がある。
被害としてはLINE Payを利用している場合など、勝手に引き出されていたり他の決済に利用されるということが起きている。
また「LINEを使って簡単に稼げる」といったビジネスへの勧誘を行い、手数料やクレジットカード情報を盗み取るという種類の詐欺も行われている。

LINE詐欺の手口について

LINEの詐欺としてよく耳にするのは、友達から突然LINEメッセージでコンビニなどで販売しているプリペイドカードを代わりに購入してほしいという依頼があり、購入後プリペイドカードを利用するための番号を送るように言われ教えるが、相手は友達ではなく詐欺師であり騙されるというものである。
また、LINEの運営元を名乗る者から「不正なログインがあり、パスワードの変更が必要」とか「安全認証のため下記のURLをクリックしてほしい」といったメッセージが届き、偽装されたフィッシングサイトに誘導されるという手口もある。
そのサイトで不正に取得されたIDやパスワード、電話番号の情報がLINEアカウントの乗っ取りのために利用されたり、個人情報の売買取引に利用されることがある。
内容を不快に思い実際には詐欺にあわなかったとしても、交友関係に波風を立てる悪質で卑劣な手口であり、アカウントを乗っ取られてしまった人は友達からの信用を失うなどのトラブルに巻き込まれてしまう。

LINE(ライン)が本当に詐欺であるか、見分け方

LINEのメッセージは、メッセージの送り主が誰なのかが一目でわかるので、乗っ取りの実態に気づきにくい。
そのため少しでも違和感を感じたなら、下記の項目をチェックすることをおすすめしたい。
またアカウントを乗っ取られた本人はさらに長期間気づかない場合が多いので、日常的なチェックも欠かせない。

  • 日本語が不自然もしくは誤字がある
  • 普段の人間関係では考えにくい話し方をしてくる
  • 世間話の流れなどではなくいきなりプリペイドカードの購入を要求する
  • 過去に受信したLINEの公式ページを確認する
  • LINEアプリ内にある「ログイン中の端末」をチェックする

いつもやり取りしている相手から、不自然な言い回しのメッセージを受信し違和感を感じたなら、内容に十分な注意が必要である。
また、通常友達であれば話の出だしは近況報告や近況を知る質問であるのに対し、詐欺師のメッセージはいきなり目的を注げるものが多く、突然脈略もなくプリペードカードの購入を執拗に迫る場合は詐欺の可能性を疑ってほしい。
また乗っ取られた方も、急にLINEにログインできなくなったり、ログイン中の端末にいつものスマホではなくPCが表示されている場合は、詐欺が発生している場合があるので乗っ取り被害にあっているか見分ける参考にしてほしい。


LINE(ライン)で詐欺にあってしまったら状況・情報の整理をしよう【証拠集め・裏付け】

うっかり信用し詐欺にあってしまったら、行なってほしいことは実際のLINEでのやり取り画面をスクリーンショットにて画像保存しておくことである。
目的を達成したらすぐにアカウントを削除してしまうことも考えられるので、怪しいと感じた時点で証拠を残しておくことが重要だ。
万が一相手がすでにアカウントを削除し、当時の状況そのものを保存することができなかったとしても、やり取りの証拠を残しておいてほしい。


問い合わせ相談窓口や電話・通報連絡先:実際にLINE(ライン)詐欺にあった場合の解決方法と手順【どこに連絡・相談するべきか?】

①自力解決!?LINE(ライン)の運営元と乗っ取られている「友達」に連絡する

もし自分のアカウントが乗っ取られてしまったことが分かったなら、以下の2つの方法が選択肢となる。

①LINE公式の運営元に連絡し、アカウントを削除してもらうよう、通報することをおすすめしたい。
乗っ取り被害に遭わないために|LINEみんなの使い方ガイド

②また乗っ取りによりLINE Payを引き出された場合、原則として10万円以内であればLINE社からの補償を得ることができる。
友達になりすました詐欺師から金銭を騙し取られた場合は、その相手とやり取りをし返金や賠償を期待するのはほぼ不可能であるため、まずは早急にアカウントを乗っ取られたと思われる「友達」へ連絡し、状況を伝えよう。

メリット

  • LINE Payは詐欺師からは取り戻せないが、LINE社から支払われれば実質被害を回復できる
  • 乗っ取られた本人は運営元にアカウントを削除してもらうことで被害の拡大を防ぐことができる
  • 被害にあった人はアカウントが乗っ取られた「友達」に連絡することで被害の拡大を防ぐことができる

デメリット

  • アカウントを削除すればこれまでのメッセージが全てリセットされてしまう
  • 被害拡大は防ぐことができるが被害回復は期待できない

②LINE詐欺について無料で相談できる窓口へ連絡・通報

他のインターネットトラブル同様、警視庁ではLINE詐欺についても情報を共有しており適切なアドバイスを行なっている。
インターネット関連の詐欺にあってしまった場合、専門的な知識が必要な場面も多いため、一人で悩まず国や自治体が設けている無料で相談できる窓口へ連絡・通報するという方法を選択肢の一に加えてほしい。

警察のサイバー犯罪相談窓口

実際に詐欺被害にあった時だけでなく、通報という目的でもぜひ連絡してほしい機関である。
LINE詐欺に関しても多くの情報が寄せられる窓口であるため、詐欺にあったという確証がない場合でも気軽に相談することができる。
また今後どのような対応をすればいいかのアドバイスもしてくれる。
警察のサイバー犯罪相談窓口はコチラ

法テラスサポートダイヤル

誰もが耳にしたことのある「法テラス」。
LINE詐欺にあった場合も、相談をおすすめしたい機関である。
法的トラブルを解決するために国が設置した専門機関であり、加速するインターネット関連の詐欺被害にも対処法や相談すべき機関を紹介するなどサポートしてくれる。
しかも、弁護士への相談であるにも関わらず無料で相談できたり、条件により分割支払いなどを選択できる場合があり、経済的な余裕のない人にもおすすめだ。
法テラスはコチラ

適格消費者団体

悪質業者から消費者を守るために設立されている団体。
同じ被害にあっている人が複数いる場合は団体で返金請求のための訴訟を起こすことができ、悪質業者から金銭を取り戻すための行動を取ることができる。
適格消費者団体はコチラ

メリット

  • 警察へ通報することで被害の拡大を防ぐことができる
  • 法律の専門家へ無料で相談でき、今後の対応についてのアドバイスを得ることができる
  • 経済的に余裕がなくても安心して利用できる

デメリット

  • 実際に返金や被害回復を求める場合は弁護士や司法書士への依頼が必要
  • 適格消費者団体の場合、個人での訴訟はできず同じ相手からどう被害にあった人が複数いなければならない

 

③法律事務所への依頼で被害金を取り返す!!LINE詐欺について弁護士・司法書士へ相談

被害金を取り戻すための一番の近道は、やはり弁護士や司法書士などの法律の専門家に個人的に相談することである。
弁護士や司法書士の世界も、インターネットに関連するトラブルを扱う事務所が増えており、ITの知識があり豊富な経験を持つ専門家の対応でスピード解決も期待できる。
インターネットトラブルは、対応のスピードが大変重要であるため、警察への通報と同時に行う人も多い。

メリット

  • 法律の専門家による対応でスピード解決が可能
  • 弁護士が代理人となれば自分では一切やり取りせず全て任せることができる

デメリット

  • 弁護士や司法書士への報酬が必要となる
  • 対応が遅れると詐欺師の特定ができず解決できなくなる場合がある

インターネットトラブルへの対応はスピードが命であるため、被害にあってかなりの時間が経っている場合、相手を特定することができなくなり、弁護士や司法書士といえども解決が難しくなる場合がある。
また弁護士や司法書士への依頼となると、費用面での心配を抱く人もいるが、LINE詐欺のようなインターネット詐欺の場合、相談料や着手金は請求せず成功報酬のみで受託する事務所も多いため、選定の参考にしてほしい。


結論:LINE詐欺にあったら被害拡大の予防と被害回復は同時に行おう!

LINE詐欺は、一度アカウントが乗っ取られてしまった場合、友達として追加されている多くの人に被害が及ぶ可能性があり、乗っ取られた本人は信用を回復するためにかなりの時間とエネルギーが必要となることがある。
そのため、まずは早急にパスワードを変更するなどの処置を講じることと、乗っ取られた可能性があることを広く伝えること、また警察に通報し情報を提供するとともに捜査を依頼することが重要だ。
また個人の被害を回復するためには、LINE社の補償サービスの利用や、法テラスなどの法律関係の無料相談窓口、弁護士・司法書士事務所へ相談し依頼することで、解決を期待することができる。
詐欺にあってから時間が経ってしまうと、問題解決や犯人の特定が難しくなる場合があるので、一人で悩まずなるべく早く相談することを強くお勧めしたい。

ネットトラブル・ネット詐欺被害(情報商材&副業詐欺)における返金を依頼するならココ!!
■おすすめ①:弥栄法律事務所 弥栄法律事務所_詐欺被害 ネット詐欺、副業詐欺・高額情報商材詐欺、サクラサイトや出会い系詐欺被害の相談&返金が得意な弥栄法律事務所。 相談料・交渉料・着手金は0円・無料!! 弁護士へ必要な依頼費用は詐欺業者から返金成功後の回収額25%のみ、リスク低!!

⇒詳細の解説・評判はコチラ ⇒無料相談・ご依頼はコチラ


■おすすめ②:平柳司法書士事務所 平栁司法書士事務所_詐欺 ネット副業詐欺や情報商材詐欺被害の相談&返金に強い平柳司法書士事務所。 相談料・交渉料・着手金は0円!!依頼費用は詐欺業者から返金額の35%!!お金がない人でも安心。

⇒詳細の解説・評判はコチラ ⇒無料相談・ご依頼はコチラ


Twitterでフォローしよう

おすすめの記事