ゲームアカウント&データの販売・売買詐欺被害の返金方法・手順・相談窓口【最終手段は弁護士・司法書士】

騙された!?ゲームアカウント&データの販売・売買の詐欺被害にあった場合の解決方法と手順【騙し取られたお金を取り返す・取り戻す】

目次

スマートフォンが一人一台時代と言われるほど普及し、人々はいつも手元に小さなコンピューターを持つことができるようになった。
スマートフォンはもちろん携帯電話機器であるが、最近は電話やメールよりもスマホでできるオンラインゲーム・ゲームアプリが使用のメインになっている人も多いのではないだろうか。

少し前まではオンラインゲームといえばパソコンで行うものであり、家やネット環境が整った場所でパソコンをインターネット接続しなければできないものであった。
しかし、近年は電車でもカフェでも、どこでもスマートフォンでオンラインゲームが手軽に楽しめるようになり、ゲームユーザーも爆発的に増えている。
今やオンラインゲームのメインプラットフォームはスマホと言っても過言ではない時代となった。

オンラインゲームは自分一人だけで黙々とゲームを進めるのではなく、他のプレイヤーとコミュニケーションをとったり協力プレイをしながら遊べることが最大の魅力だ。
ただ、他者と関わりながらプレイできるというメリットの裏には、生身の人間同士の様々なトラブルに巻き込まれるリスクが存在する。
特に、ゲームアカウントや有料アイテムなどを実際のお金で売買するRMT(Real Money Trading)はトラブルの宝庫と言っても良いほど詐欺被害や揉め事が起きてしまっている
ゲーム内の通貨だけでなく、実際に現金で取引することの危険性についてオンラインゲームをする人は理解しておくべきであろう。

今回はアカウントやデータの売買取引に伴う詐欺被害について、種類や手口そして悪質なものの見極め方などをまとめた。
もしも詐欺に引っかかってしまった場合に相談できる窓口も紹介しているので、トラブルに会った際にはぜひ参考にしてみて欲しい。

【解決をお急ぎの方へ】ネット詐欺被害の相談&返金依頼のおすすめ業者のご案内
■おすすめ№1:「弥栄法律事務所 弥栄法律事務所_詐欺被害 弥栄法律事務所は、ネット詐欺事件、副業詐欺・高額情報商材等のネットトラブル全般の解決が可能!!出会い系アプリや婚活サイト詐欺も得意。 相談料・交渉料・着手金は0円・無料!!弁護士への必要な依頼費用は返金成功後の回収額のうち25%のみリスク低!!


ゲームアカウント&データの販売・売買詐欺とは?

オンラインゲームとは、インターネットを利用してリアルタイムで様々なプレイヤーと遊ぶことができるゲームだ。
以前はオンラインゲームといえばパソコンを使うのがメインであったが、近年はスマートホンやゲーム機を使って遊ぶこともできるようになった。

オンラインゲームで遊ぶには、まずアカウントを作成する必要がある。
メールアドレスや固有のIDとパスワードを使ってログインをし、ゲームのデータはアカウントに結びつけられインターネット上に保存される。
そのアカウント情報やゲームデータの売買に関するトラブルが今回のテーマである。

なぜアカウントやゲームデータが売買されるのか

そもそも、オンラインゲームのアカウントやゲームデータが売買される目的とは何だろうか。

ネット上にデータがあるオンラインゲームは、紐付けされたログイン情報さえあれば簡単に誰かが作ったアカウントに入ることも可能だ。
ゲームを進めていくと、最初はサクサクと敵を倒して進められていてもだんだんと敵キャラや対戦相手も強さを増し、思ったように勝てなくなってくることがある。
そんな時に「もっと強いキャラクターが欲しい」「強いアイテムを持っているデータが欲しい」と考えるのは珍しいことではなく、お金で楽に強いデータが手に入るなら飛びついてしまう人もいるだろう。
時間をかけてキャラクターを強化したりアイテムを集めたりしなくても一瞬で望んだ強さのデータが手に入るのである。
つまり、アカウントやデータ売買はより良いデータ欲しさに行われるのがまず大きな目的と言えよう。

当初は古参ユーザーがゲームを引退する際に誰かにデータを譲り渡すというケースが多かったが、アカウント売買が商売になると認識されると強いデータを作ってRMTサイトで売ってお金にするという稼ぐための取引が増加した。
もはやアカウント売買もバイト感覚で行われているということである。

RMT (Real Money Trading)とは

アカウントやデータの売買で主に利用されるのがRMTの専門サイトである。
名前の通り、実際のお金でオンラインゲームのデータ等を取引する場となっており、アカウントを売りたい人・買いたい人で常に賑わいを見せている。

しかし、このRMTだが実はほぼ全てのオンラインゲームが禁止している
実際のところ、このRMTでの取引が引き金となったトラブルが数え切れないほど発生しており、ゲーム運営としても頭を悩ませているのだ。
RMTを行ったことが分かった時点でアカウントを停止したり、データに規制をかけるという規約にしているゲームも多いが、需要も共有もある状態でなかなかRMT利用者が減らないというのが実情である。

簡単にオンラインゲームのアカウント・データ売買について説明したが、ほとんどのトラブルはこのRMTで起こっている。
ゲーム上の通貨ではなく実際のお金を利用するというのが大きな原因だ。
それではどのような詐欺が行われているのか、よく見られる例を挙げていこう。

ゲームアカウント&データの販売・売買詐欺の種類について

お金を受け取ったのにデータを渡さない、売ると言っていたものと大きくスペックが異なるデータを渡す

RMTサイトを介した取引でも、ゲーム内メッセージやSNSを利用した直接取引でもよく起こっている詐欺事例としては、お金の支払いを受けたのにアカウントデータを渡さなかったり、約束と違うスペックのデータを送りつけてお金を持ち逃げするというもの。
購入した品を渡さなかったり、売買に際して提示していた内容と異なるものを売りつけるというのは明らかに詐欺行為である。

「最高レベルまであげた最強のアカウント」「レアアイテムを全て持っています」などと魅力的な言葉を並べて購入させるが、実際に手元にきたアカウントを開いたら完全に初期状態のものであったり、売り文句にあったようなアイテムを所持していないという被害が多い。

データを受け取った後お金を支払わず連絡不通になる

自分の使っていたアカウントデータの取引が決まり、「アカウントの内容を確認したらお金を払う」という約束で先にログイン情報を送ったらいつまで経っても支払いがない…オンラインゲームのアカウント・データ売買詐欺は購入者ばかりが受ける被害だけではない。
高値で売れた!と喜んだのも束の間、「支払いがないな」と連絡を取ったらすでにメールやSNSアカウントなどを消去して逃げられてしまうというもの。
もちろん渡したアカウントは既にパスワードが書き換えられてどうしようもできなくなっている。

購入だけでなく、「このイベント中アカウントを貸して欲しい」といって何かしらの報酬と引き換えにアカウントを借りる約束をしたものの、支払い等がないままアカウント情報も書き換えられて二度と戻ってこないというパターンもある。

安易に知らない人にアカウントを貸したり、信用できない人にデータを販売するのも危険だということだ。

フィッシング等で不正にアクセスしたアカウントを勝手に売却する

フィッシングサイトで入力された情報からアカウントの乗っ取りを行い、そのままRMTサイト等で売り捌くという悪質な詐欺も存在する。
乗っ取られた側は知らず知らずのうちに愛着のあるキャラクターごとデータを転売され、自分には何も見返りがないという結果となり非常に悔しい思いをすることになる。

オンラインゲームにフィッシング詐欺は関係ないと思って安心するのは大間違いだ。
アカウントがお金になると知っている詐欺師はゲームという遊びの世界でも乗っ取りを仕掛けてくる。
怪しいURLをクリックしたり、突然前触れもなくログインを求められたときに安易に情報を入力してはならない

ゲームアカウント&データの販売・売買詐欺の手口について

ゲーム内チャットやネット掲示板で出会い、直接取引でお金を騙し取る

アカウント・データの売買詐欺はRMTサイトだけで起こるものではない。
ゲーム内のメッセージ機能やチャット、そして情報交換をするネット掲示板などで「アカウントを売って欲しい」「このゲームデータを買わないか」と直接取引を持ちかけられることがある。

RMTサイトを介した取引はRMTサイト運営に手数料が規定の割合支払われることになるため、アカウントやデータを売るのであれば直接取引の方が得なのだ。
さらに個人のメールやSNSを利用したやりとりで取引をし、詐欺行為を行った場合連絡先ごと消去して逃げれば証拠も残りにくい。
証拠がなければ返金を求められるリスクも減り、詐欺にとってはいいことづくめである。

そのためRMTサイトよりも良い条件を提示して取引を求めてくる場合があるが、甘い言葉に騙されて被害を被らないように気を付けたい。

メッセージなどでフィッシングサイトのURLを送りつけ、アカウント情報を奪う

取引を持ちかけたりRMTサイトに出品してカモを待ったりするよりも、ログイン情報を奪えればアカウント転売は簡単だ。
よって不特定多数に向けてメッセージでフィッシングサイトのURLを送りつけるという手口も横行している。
クリックすると、本物そっくりのログイン画面が表示されるため「あれ?ログアウトしてしまったかな」と深く考えずにIDとパスワードを入れてしまったら一貫の終わりだ。

遅かれ早かれアカウントは乗っ取られ、暇な時間を縫って育成したキャラクターや仲間、アイテムのデータなど全て奪われて販売されてしまう。

見知らぬ人からはもちろん、ゲーム上で仲良くなった人からのメッセージでも怪しいURLが貼り付けられていたらクリックせず無視しよう。

誰もが欲しくなるような架空のアカウントを作り上げRMTサイトで購入者を釣る

RMTサイトで架空のアカウントを高額で売りつけるには、魅力的な売り文句が必要だ。
さも強いアカウントであったり、貴重なアイテムを所持しているデータであるように見せかけなければならない。
もちろん詐欺師がそのようなデータを所持してきちんと売るわけがないので、画像を拾ってきて処理したり、魅力的な条件を並べて素晴らしいアカウント・データであるということをアピールする。

それに釣られてコンタクトを取ってきた人をカモにするわけである。
オンラインゲームのアカウント売買を行っている人は、お金で簡単に強いデータが手に入るという経験を繰り返しているうちにどんどん癖になっていく。
そしてより良いアカウントを求めてRMTサイトなどをくまなく探しているので、「最強」「超レアアイテム所持」などと書かれるとついつい手を出してしまう。

しかし、その出品の情報や画像に何かおかしなところはないだろうか?
完璧すぎる内容を掲げているのも逆に怪しい。
購入したい!と思ってもまずは焦らずしっかり出品ページを読み込もう

ゲームアカウント&データの販売・売買詐欺の見分け方・詐欺に遭わないためには

購入を煽るような甘い言葉や限定感ばかり押し出している

「最強データ!」「今だけ特別価格」「激安!」など、売り文句ではよく見られる言葉であるが、怪しいと感じるほど甘い言葉を強調してはいないだろうか。
「欲しい!」という気持ちや「急いで買わなきゃ」という焦りを煽るのは詐欺がよく使う手法である。
実際そういう言葉に騙されて大金を支払い、被害にあってしまう人がたくさんいる。

本当にその金額を支払ってまで買いたいアカウントなのか、煽り文句通りのゲームデータなのか、はやる気持ちを抑えて冷静に判断しよう。

RMTサイトで同じような出品が多数出ていないか確認する

数打てば当たる戦法で、RMTサイトでアカウントを量産し出品ページを大量に作る詐欺師もいる。
その場合、アカウント名や見出しなどは異なっていても中身をよく見たらコピペ。
「さっきも同じようなページを見たな」と感じる出品ページになっているかもしれない。

そんな不自然な出品ページを見かけたらまず詐欺だと思って手を出さない方が良い。

RMTはゲーム規約に反していることを認識し、利用を控える

そもそも、現金でアカウントやゲームデータの売買をすることをほとんどのゲーム運営会社が規約で禁じている。
規約違反がわかれば、アカウントを停止されたり、新規のアカウントも作れない状態にされたりと様々な罰則を受けることになる。
どんなにいいデータを買って他プレイヤーとの差に優越感を覚えようとも、アカウントが消されてしまっては元も子もない

そしてオンラインゲームを取り巻く詐欺被害の多くはRMTが関わっており、続けていけばいつ詐欺に引っかかるかわからない。
RMTでデータ売買を行うというのは、アカウント停止や詐欺被害と常に隣り合わせにある認識が必要だ。
リスクを理解していなければ、あっさりと詐欺の手口に騙され大金を失ったり、愛着あるゲームとの関係がなくなってしまうことになる。
オンラインゲームへの愛があるのなら、禁止行為はせずに地道に努力して楽しむのが一番だ。

危険な目に遭わないためにも、アカウント・データ売買は自己責任で判断し、積極的な利用は控えたい


ゲームアカウント&データの販売・売買で詐欺にあってしまったら状況・情報の整理をしよう【証拠集め・裏付け】

ゲームアカウントやデータの売買でトラブルに巻き込まれた時は、まず現状の把握をして情報をまとめておこう。
ネットを介して現金売買の詐欺にあった場合、詐欺として立証するためには相手の情報や被害状況の詳細が必要となる。
後でやろうと悠長な気持ちでいると、加害者側が連絡先や売買実績などを消去して逃げる可能性もあるため、できるだけ早く行動に移すことが大切だ。

後ほど紹介する相談窓口の利用や、弁護士や司法書士への依頼を考えている場合は特に下記のポイントについてはしっかりと押さえておこう。

  • 加害者の情報
    氏名や連絡先、RMTサイトを利用した場合は出品ページのスクリーンショット。
    オンラインゲーム上で出会った場合、アカウント名やプロフィールページのスクリーンショットなど。
    振り込みに指定された口座番号があればそれも残しておこう
  • 被害の詳細、被害にあった流れ
    被害に遭うことになったオンラインゲームの情報(ゲーム名、運営会社情報等)
    被害額とそれが分かる証拠(クレジットカード明細、銀行振り込みの履歴)
    どのような流れで現金売買を行うことになったかなど、状況のまとめ
  • 加害者とのやり取り
    オンラインゲーム上のチャットやメッセージ機能を利用していた場合は、アカウントを消されると履歴がなくなる可能性もあるのでスクリーンショットを撮っておこう。
    個人的な連絡先を交換していた時は、メールやLINEの画面のスクショも忘れずに。
    もし電話や音声チャットを使ったやりとりを行う時は録音しておくのが望ましい。

問い合わせ相談窓口や電話・通報連絡先:実際にゲームアカウント&データの販売・売買詐欺にあった場合の解決方法と手順【どこに連絡・相談するべきか?】

①自力解決!?ゲームアカウント&データの販売・売買を行っていた相手へ問い合わせる【売買元とご自身でやり取り】

トラブル解決の第一歩として、自分で売買取引を行った相手に連絡を取るのも一つの手段だ。
誰かに相談したり、交渉依頼などをする手間や時間をかけずに、すぐに行えるというのが大きなメリットである。
相手と連絡が取れる状況であれば、まずは状況を説明して返金を希望している旨を伝えてみよう。

  • お金を払ったのにアカウント情報がもらえない
  • 出品サイトに掲載されているものと条件が異なるアカウントが送られてきた
  • 自分のアカウントのログイン情報を送ったが、その後入金がない

このような状況について、淡々と伝えて「返金は可能か」と聞いてみるのがおすすめだ。
あまり強い口調で返金を迫ったり、何度もクレームをつけると加害者側が証拠隠滅を図って逃げられてしまう危険があるからである。

もし返金を拒否する返答が来たり、何も返事がない場合もそれが詐欺の証拠の一つになるので無駄足にはならない。
問い合わせ時のメールやメッセージの画面もしっかりスクリーンショットを撮って残しておこう。

注意:アカウントやデータの現金取引でトラブルになった場合は、ゲーム運営に報告しても何もしてもらえない

ゲームのことでトラブルになった場合の多くはゲーム運営会社へ問い合わせれば解決することがある。
しかし、今回のようなアカウントやデータの譲渡、特に現金で取引するRMTの場合は別だ。
そもそも利用規約で禁止されている行為のため、運営に通報して対処を求めても何もしてもらえない。

さらには規則を破ったということで自分のアカウントが凍結されたり、ゲームに制約がかけられたりする可能性もある。
RMTで揉め事になった場合は、ゲーム会社には頼れないということを覚えておこう。

メリット

  • 自分自身で行う方法なので、思い立ったら即できる
  • 他人を巻き込むことがないので、人に知られず行える
  • 問い合わせして返金対応してもらえれば最も簡単で早い解決方法

デメリット

  • 個人の力で返金を求めても受諾される可能性は低い
  • 詐欺師と直接対決の形となり、何か報復や嫌がらせを受けるという危険も
  • しつこくクレームを入れたり、強い語気で返金を迫ると相手から「脅しだ」と逆に責められる羽目になったり、証拠を消して逃げられてしまうリスクも

②ゲームアカウント&データの販売・売買詐欺について無料で相談できる窓口へ連絡・通報

オンラインゲームのアカウントやデータ売買のトラブルに関しては、消費者庁や警察も頭を悩ませている。
プレイヤーに対して注意を呼びかけるとともに、専門の相談窓口を設けて解決のためのアドバイスを行っているので積極的に利用したい。
もちろん公的機関の運営する窓口なので無料で相談でき、相談員も詐欺被害について知識豊富なので安心だ。

消費者ホットライン

オンラインゲームのアカウントやデータ売買で騙された!という時、多くの人は「でも、これってどこに相談したらいいの?」と悩むことだろう。
そんな時にまず思い出して欲しいのが消費者ホットラインだ。
国民生活センターが運営する消費者ホットラインは、消費者が抱える悩みに幅広く対応しており、今回のテーマであるオンラインゲームの現金売買に関してももちろん相談に乗ってくれる。

消費者ホットラインに電話することで、最寄りの消費生活センターへ電話を取り次いでくれるのだが、大きなメリットは全国どこからでも「局番なしの188(いやや)」でかけられること。
消費生活センターの電話番号を調べたり、どこが一番近いのかと悩んだりしなくても良いのである。
188を覚えておけば、被害にあってすぐに電話をかけることができる
詐欺被害の回復にはスピード感が重要だが、その点でも非常に有り難い。

基本的にはアドバイスや適切な機関の紹介を行う窓口だが、場合によっては消費生活センターが被害者と加害者の間に介入し交渉などを手伝う斡旋も提供している。

警察・サイバー犯罪相談窓口

ゲームアカウントやデータの現金売買やフィッシングサイトによる不正アクセス、アカウントの乗っ取りなどはサイバー犯罪として警察は専門の窓口を設けている。
犯罪のデータが集まる警察の中でもサイバー犯罪に特化しており、日夜起こるインターネットに関わる詐欺やトラブルに関して相談を受け付けている窓口だ。

「これって犯罪・詐欺?」とまだ自分の中で自信がない状況でも大丈夫。
現状の話を聞いて取りまとめ、適切なアドバイスや専門的機関の紹介を行ってくれる。

こちらの窓口は直接解決に動いてくれるわけではないので注意が必要だが、警察が直接相談に乗ってくれるというのはとても心強いのでぜひ利用したい。

最寄りのサイバー犯罪相談窓口はこちらから探してみよう。

メリット

  • 公的機関が運営しており信頼できる窓口
  • 相談は無料なので、費用面を心配している人も気軽に利用できる
  • 専門知識豊富な相談員から適切なアドバイスをもらえる

デメリット

  • アドバイスを主としており問題解決をしたり返金交渉を行ってくれる窓口ではない
  • 利用時間が限られるので注意が必要

 

③法律事務所への依頼で被害金を取り返す!!ゲームアカウント&データの販売・売買詐欺について弁護士・司法書士へ相談

詐欺加害者に対して返金交渉や法的制裁を加えたいということであれば、弁護士や司法書士のいる法律事務所に話をしに行こう。
確かな法的知識と詐欺被害の回復実績を持つ弁護士・司法書士があなたの抱える悩みに真剣に向き合ってくれる。
返金を求めたい場合はやはり法律事務所にお願いするのが一番成功率が高い。

ただ、法律事務所に依頼する場合は弁護士・司法書士費用がかかってくるため、自身の被害額や加害者に対してどうしたいかといった思いを一度見直して考えた方が良いだろう。
費用面や解決確率について気になるのであれば、無料相談を利用するのがおすすめだ。
弁護士・司法書士が直接詐欺被害の詳細や現在の状況についてリスニングし、これからの行動の道筋を提案してくれるので、実際にかかる費用についても依頼前に見積もってもらうと安心だ。

メリット

  • 詐欺加害者に返金を求めたり、被害に対して慰謝料を請求したい場合は弁護士・司法書士への依頼が適切
  • 依頼してしまえば、あとは法律事務所が全て行ってくれるので安心・ストレスがない
  • 無料相談を利用すれば、心配な費用面に関してもちゃんと納得いくまで相談して依頼を決めることができる

デメリット

  • 被害額によっては弁護士・司法書士の費用の方が大幅に上回ることがある
  • 加害者が既に逃げてしまった、詐欺の証拠が不十分、記憶が曖昧な場合は解決が難しくなる

結論:オンラインゲームのアカウント・データの現金売買は慎重に!騙されたと思ったらすぐに専門機関に相談しよう

スマートフォンが一人一台時代となった現代、オンラインゲームの存在は以前に比べて非常に近しいものとなった。
スマホを持つ人は誰しもひとつくらいはオンラインゲームをしたことがあると言っても過言ではないくらいだ。
しかし、その裏にはたくさんの詐欺師がお金を騙し取ろうと手をこまねいており、多発するオンラインゲーム関連のトラブルは社会的にも問題になっている。

特に今回まとめたアカウントやゲームデータの現金での売買はトラブルの報告が多く、さらにはゲーム運営から禁止されている行為であるため泣き寝入り状態になっている人も多いのだ。
確かにRMTは法律でこそ規制されていないが、ゲームの利用規則には反する行為であるので運営会社に助けを求めることができない。
強いアカウントやレアアイテムを所持しているデータなどは、オンラインゲームプレイヤーとしては喉から手が出るほど欲しいものではあるが、現金での売買は慎重に行わないと大きな損害を出した上にアカウント停止措置等の悔しい思いをすることになる。
現在日本では「RMTは自己責任で」という形で落ち着いているが、海外では法律で規制をしている国もあるほど危険な行為だということを認識しておこう

もしアカウントやゲームデータ売買で詐欺被害に遭ってしまったら、消費者ホットラインや警察のサイバー犯罪相談窓口など公的機関の相談窓口にすぐに連絡し、アドバイスを受けよう。
場合によっては法律事務所への依頼も必要となってくるのでオンラインゲームでのやりとりやRMTサイトの利用履歴に関しては全て証拠として残しておくことをお勧めする。

ネット詐欺は証拠隠滅も早く詐欺として立証することが難しいケースが多い。
悩んでいる間にも詐欺師は逃げる準備を進めているかもしれないので、勇気を出してできるだけ早めに被害解決への一歩を踏み出して欲しい。

ネットトラブル・ネット詐欺被害(情報商材&副業詐欺)における返金を依頼するならココ!!
■おすすめ①:弥栄法律事務所 弥栄法律事務所_詐欺被害 ネット詐欺、副業詐欺・高額情報商材詐欺、サクラサイトや出会い系詐欺被害の相談&返金が得意な弥栄法律事務所。 相談料・交渉料・着手金は0円・無料!! 弁護士へ必要な依頼費用は詐欺業者から返金成功後の回収額25%のみ、リスク低!!

⇒詳細の解説・評判はコチラ ⇒無料相談・ご依頼はコチラ


■おすすめ②:平柳司法書士事務所 平栁司法書士事務所_詐欺 ネット副業詐欺や情報商材詐欺被害の相談&返金に強い平柳司法書士事務所。 相談料・交渉料・着手金は0円!!依頼費用は詐欺業者から返金額の35%!!お金がない人でも安心。

⇒詳細の解説・評判はコチラ ⇒無料相談・ご依頼はコチラ


Twitterでフォローしよう

おすすめの記事