ナンパ塾・コンサル・高額情報商材の詐欺被害で返金する方法・手段
ネット詐欺被害を解決できる法律相談窓口

▼迷ったらココ!!当サイト人気№1は「日本法規情報」

日本法規情報は、ネットトラブル、副業詐欺・情報商材等、法律問題全般の解決窓口。 ご依頼者の要望や条件にあった弁護士・法律事務所をご紹介する無料のマッチングサービス。
相談料0円・無料/費用面でのリスク低/24時間365日・土日対応可能
⇒法律問題の無料相談窓口「日本法規情報」へ無料相談する

騙された!?ナンパ塾・コンサル・高額情報商材の詐欺被害にあった場合の解決方法と手順【騙し取られたお金を取り返す・取り戻す】

目次

素敵な異性と出会いたいと考えるのは人間の本質的な欲求として、いつの世も変わらないものである。
人の出会いにはいろいろなシチュエーションがあるが、その中の一つとして「ナンパ」もあげることができるだろう。
ナンパは主に街中などで男性が女性に声をかけ、食事や遊びに誘うというもの。
軽薄な印象がある行為のため、イメーは決して良くはないが、お互いのニーズが合えばスピーディーで効率の良い出会いとも言える。
ただ、やはりナンパは誰もが気楽にできるものでもなく、そして簡単に成功できるものでもない。
何度挑戦しても全く相手にされないという悔しい思いをすることもしばしば。

ナンパも失敗を繰り返したり、そもそもやり方がわからずできないという人は「コツを教えて欲しい」「マニュアルがあったらいいのに」と思うことだろう。
そんな人向けに「ナンパ塾」「ナンパ指南」「ナンパコンサル」などと銘打って、セミナーや講義、そして情報商材を売り出す「ナンパ師」と呼ばれる人たちも存在する。
ただ、このナンパに関する指導や資料というのは兎角信用ならないものが多く、大した内容を教えてもらわないのに大金を失うという詐欺被害が起きているのだ。

お金だけならまだしも、ナンパ塾主催者の管理するマンションで、塾生が女性に酒を飲ませ暴行して逮捕されるという事件も実際に起きており、ナンパ塾界隈は安全とは言い難い。
今回はナンパを商品とする塾・セミナー・コンサル・情報商材に関し、実際にどのような詐欺が起きているのか種類や手口についてまとめている。
詐欺の見分け方、そして実際に騙されてしまった時の対策についても解説しているので、ぜひ最後まで目を通してみて欲しい。

【解決をお急ぎの方へ】ネット詐欺被害の相談&返金依頼のおすすめ業者のご案内
■おすすめ№1:法律問題の無料相談窓口「日本法規情報」 法律問題の無料相談窓口「日本法規情報」 日本法規情報は、無料でネットトラブルや副業詐欺被害等、法律問題全般を相談できる解決窓口。 「弁護士・法律事務所は数が多すぎてどこへ依頼すれば良いかわからない」というお悩みを一発解決。 精査された信頼できる法律事務所のみをご紹介。 ご案内可能な法律事務所は全国で1000箇所以上、法律の専門家はのべ3000人以上。 相談料0円・無料/24時間365日WEB申込受付可能/土日相談対応可能。


ナンパ塾・コンサル・高額情報商材の詐欺とは?

「ナンパ」というと男性が街中で女性に声をかけ遊びや食事に誘うという行為をさし、主に若くチャラいと言われるタイプの人が行うというイメージだ。
しかし、多くの男性は実際に実行せずとも、街ですれ違った素敵な女性に声をかけてみたいと思ったことがあるのではないだろうか。

ナンパ塾を受講したいと考える人には大きく分けて二つのタイプがいる。
一つは、普段からナンパをしているが成功率が低く、より効率的に遊ぶ女性を捕まえたいと思っている人。
もう一つは、いわゆる「奥手」と言われる人たちで、女性と出会いたいが自分から行動を起こす方法がわからないというケースである。
ただやはり「ナンパ」という言葉が使われている以上、「女性をうまくホテルへ連れ込みたい」「女性を都合よく扱いたい」という思考が透けて見えるのは確かだ。
つまり、男性の「性的な欲求」をビジネスにしているのがこのナンパに関する塾・コンサル・情報商材とも言えるのである。

性的な欲求に囚われると、どうしても思考が短絡的になる傾向があり、ナンパ関連のビジネスはその隙をついて大金を騙し取っていく。
そして理由が理由だけになかなか人に相談できず、泣き寝入りになってしまうパターンが非常に多いのも特徴だ。

ナンパ塾・コンサル・高額情報商材の詐欺に対してのネットの声

実際にナンパ師によるナンパ指南を受けた人、またニュースやSNSの投稿などでナンパ塾や情報商材の存在を知っている人はどのような印象を持っているのだろうか。
Twitterでネットの声を集めてみた。

ナンパ塾やコンサル、情報商材は詐欺商売だと感じている人

そもそも、ナンパとは相手の女性ありきで成功・不成功が決まるものであり、一般論で騙るナンパテクニックなど役に立たない、つまりはナンパ塾やコンサル、情報商材は結果詐欺であるという意見を述べる人が非常に多い。
中には「なぜそんなものを買うのか理解できない」という人も。
少なくとも怪しげな商売であるというイメージはネット界隈でも強いようだ。

実際に買ってみて失敗した、騙されたという人も

中には実際に情報商材を購入したり、ナンパ師の話を聞いた人の声も見られた。
しかし、上記で紹介したように「騙された」「必要なかった」と感じる人も多いようだ。
特に情報商材系は買ってみなければ中身が全くわからないため、開けてみてひどい内容にびっくりというパターンがよく起きているようである。

では次項から、ナンパに関する詐欺の種類や手口について紹介していこう。

ナンパ塾・コンサル・高額情報商材詐欺の種類について

対面式・実践式のナンパ塾、コンサル

実際に講師のナンパ師によるデモンストレーションや指導を対面で受けられることを売りにするタイプのもの。
受講生は指定の駅等に集まり、ナンパ師の話を聞いてその場で女性への声かけを行い講師の添削を受ける。
目の前で有名ナンパ師のナンパが見られると、お手本見たさで受講を決める人もいる。

しかし、実際に行ってみると大した講義もなされぬまま「はい、やってみて」と女性への声かけをすぐにやらされ、失敗しても具体的でないダメ出しをもらうだけ。
講師のお手本も行われず、特に収穫も感じられないまま時間終了しお金だけ支払うということになってしまう。

オンラインでの動画視聴、セミナー視聴を行うもの

最近増えているのがオンラインで見ることができる動画の購入や、参加型の有料セミナーだ。
興味のある人はサイトに登録し、見たい動画や受けたいセミナーをチケットやポイント課金等で購入して試聴する。
しかし登録の際の手数料が高額だったり、数分程度の短い動画にもかかわらず、内容に見合わない金額を要求されたりと、登録者からの搾取という目的が透けて見える。

サイトによっては月額が発生するオンラインサロンを行っているものもあり、「他では教えない秘策を教える」「サロン生一人ひとりに合わせた一対一の指導」など手厚さを売りに登録者を募るが、開けてみるとほとんどサロン自体が稼働しておらず月額料金だけ払わされるというケースも。

情報商材

情報商材とはその名の通り、情報を商品とするネット商法である。
ナンパのコツ、秘訣などをまとめた資料をネットを介して販売するのだが、数万〜という高額にも関わらずネット検索で知ることができる程度の内容の詐欺商材も多く流通している。

情報商材はデータとして扱うため、やり取りも簡単で様々な取引方法ができるというのも詐欺師としては都合が良い。

  • 有料note
  • 情報商材の販売サイト
  • SNSなどで直接声をかけ売買する

noteや情報商材の販売サイトといったプラットフォームを利用すると、多くの人の目に止まることになり効率が良いが、SNSのDMなどでやり取りをしてデータを送るという直接取引も行われているようだ。

情報商材は購入者の手に渡った瞬間に商品としての価値は無くなってしまうという特性上、購入前に中身を確認することが一切できない。
そして情報商材はデータであるので、一度完成させてしまえば複製して量産も可能という扱い。
以上の特徴から詐欺を働くのにも非常に適しており、「情報商材=詐欺」というイメージが強く根付いているほどである。

最近では街中のナンパだけにとどまらず、ティンダーやタップルといったマッチングアプリでの女性の攻略法(ネットナンパとも言う)についても販売が増えており、より幅広い層の男性を取り込もうとしていることがわかる。

ナンパ塾・コンサル・高額情報商材詐欺の手口について

Twitter等のSNSでナンパの実績をあげ受講者・購入者を集める

ナンパ塾・コンサル・情報商材を提供するナンパ師はTwitterアカウントを持っている場合が多く、ナンパ実績やコンサルの成功例などを投稿している。

  • ナンパで年間300人とデート
  • モテない自分を変えるためナンパに明け暮れ○人斬りに成功
  • 受講者からは「自分がナンパ成功できるとは思わなかった」と好評いただいています!

女性と遊びたいな、素敵な女性と知り合いたいなと考えている男性が上記のような文言を見かけたら、つい「話だけでも聞いてみたい」と思ってしまう。
実際に不特定多数のユーザーがいるTwitterであれば、ひょんな検索からツイートが引っかかり「モテたい」と言うニーズの男性が捕まる可能性がある。
気になってコンタクトを取ってきた人に対し、後はDMや個人連絡先に誘導して後は勧誘や宣伝を送ってコンサル契約・情報商材購入に持ち込むだけである。

しかし、実際にあげている実績は本物なのかは確認する方法がない。
結局のところ成功数やデート数も自己申告の域をでないものであり、信じるには根拠が少なすぎる。
例えデート中の写真等を一緒にアップしていても、Twitter用に撮影したものやネットで拾った画像の可能性すらあり、頭から信用してコンサルを受けたり商材を買うと大きな後悔をすることになってしまう。

複数アカウントを使って塾・コンサル・情報商材の評判、購入者の口コミを偽造

上記であげた自らの実績だけではなかなか多くの人の信用を得ることは難しい。
ネットショッピングを例にとると、何かを買おうと思った時に商品やショップの評価・口コミは良い判断材料となる。
ナンパのような実体があってないようなものに対しては、さらに細かく評判チェックをする人もいるだろう。
そんな時にネット上にコンサル修了生や情報商材購入者の口コミ、ナンパ師に対する第三者からの評判が何も情報として無ければ、「怪しいかも」とせっかくのカモが逃げてしまうことにもなりかねない。

そこで詐欺師が使うのが、「評判の自作自演」という手口だ。
これはナンパ師に限ったことでなく詐欺全体でよく使われる手段である。
TwitterやInstagramなどで複数のアカウントを作成し、そのアカウントに「○○さんはすごい!」「ナンパ塾に申し込んでよかった!」などの良い口コミを投稿することで、実績もありナンパ指南の能力も高いというイメージを見ている人に植え付けるのだ。
良い評判を見た人は「それなら信用できるかも」と申し込みに進み、詐欺に騙されることとなる。

中にはサクラを雇って良い口コミをツイートさせるという手の込んだ手法をとる詐欺師もいる。
ネット上の評価が必ずしも真実を述べているわけではないという認識を持たねばならない。

「誰でもすぐ成功」「1ヶ月で○人斬り確実」など人の欲求を煽る文句を多用

「誰でもできる」「初心者でもすぐにナンパ成功」など、甘い言葉を並べて広告や勧誘を行うのは詐欺の常套手段だ。
特にナンパ塾・コンサル・情報商材の詐欺は、女性に不慣れな人や女遊びに飢えている人をターゲットとした商売なので、このような力強い売り文句が並んでいれば、興味がある人なら飛びついてしまうことだろう。

しかし、何人ナンパできるか、どのくらい親密なデートに持ち込めるかは「確実」と言える根拠などひとつもない。
ナンパをする相手も人間であり、人間関係において100%相手を思い通りに動かせることなどないのである。

宣伝にあたって魅力的な単語を使うことは必要なことだが、あまりにも甘い言葉で誘いをかけてくる場合は裏には必ず何か悪いものが潜んでいると考えよう。

ナンパ塾・コンサル・高額情報商材が本当に詐欺であるか、見分け方

セミナーやコンサル料、情報商材が高額すぎる場合は注意

そもそもナンパ指南というものに相場をつけることは難しい。
前述したように「確実性」があるものではなく、そのナンパ師個人の力量にも左右されるからである。
よって、決まった相場というものは存在しないため、「高すぎる」「安すぎる」はコンサル契約者や商材購入者の感覚に任されることになる。

ただ、一回の講義やコンサルで数万〜十数万円、情報商材に5万円を超える金額となってくると「高額」と判断するに値するだろう。
投資や副業などの「稼げるから後で十分元が取れる」というものでもないのに、その価格は法外である。
どんなに魅力的に感じるコンサルや情報商材でも気軽に払えない額の場合は、まずは冷静に考えた方が良い。

SNSやネットの評判、口コミが違うアカウントなのにコピペのように同じ内容

前項で解説したように、複数アカウントで口コミや評判を投稿することで「価値あるコンサル・情報商材」という意識を植え付けるという手口が存在する。
ただ、多くの投稿を行うためにその文面は完全にコピペであったり、同じ内容を少しリライトした程度だったりと荒い対応であることが多い。

試しにTwitter等で出てきた称賛コメントを抜粋して検索をかけてみよう。
同じ文章を上げている別アカウントや、同じ内容の口コミが複数ヒットするようであればそれは詐欺による自作自演である可能性が高い。

入会を渋ったり退会を申し出ると「辞めたら意味がない」「あなただけのキャンペーン価格」など焦らせてくる

詐欺師としては、せっかくひっかかりかけたカモを易々逃したくはない。
もしあなたが最終的な入会の判断で渋ったり、サイト登録をしたものの「退会したい」と申し出たとしよう。
そうすると、「今だけの価格なのにもったいない」「あなただけの特別キャンペーン」と突然特別感や限定感をアピールしたり、「やめたら今までの苦労が水の泡」「今の状況では退会は認められない」と焦らせるようなことを言ってくるだろう。

もちろんこれらはカモを捕まえておくためのセリフであり、この時点で「詐欺だ」と認定しすぐに離れるのが賢明だ。


ナンパ塾・コンサル・高額情報商材で詐欺にあってしまったら状況・情報の整理をしよう【証拠集め・裏付け】

もしもナンパ師にお金を騙し取られてしまったら、まずは詐欺を立証するための証拠集めが必要だ。
下記のような情報、証拠で持っているものを全て挙げ、見やすいようにまとめておこう。
警察や弁護士など第三者の力を借りる事態になった場合、情報が誰が見てもわかるように資料化しておくと話を進めるのもスムーズだ。

  • ナンパ師や悪徳業者の情報
    ナンパ師の名前、ナンパ師や業者のSNSアカウント、業者のサイトURLとスクリーンショット、事業者名や住所情報など
  • 詐欺被害の詳細
    被害額がわかるもの(銀行口座の振り込み履歴、クレジットカード明細など)
    ナンパ塾・コンサルに引っかかる原因となった広告やサイトなど
    実際に購入した情報商材、塾やコンサル契約時の書類があれば取っておく
  • 相手とのやり取りの記録
    ナンパ師や業者とやり取りした際のメールやメッセージは必ずスクリーンショットをしておこう
    電話や音声通話でのやり取りは録音しておくと証拠として使える

詐欺として立証するには、相手が最初からお金を騙し取るつもりだったというのがわかる証拠が重要だ。
誇大広告や偽装の実績、あからさまにサクラによる口コミなども見つけ次第記録しておこう。


問い合わせ相談窓口や電話・通報連絡先:実際にナンパ塾・コンサル・高額情報商材詐欺にあった場合の解決方法と手順【どこに連絡・相談するべきか?】

①自力解決!?ナンパ塾・コンサル・高額情報商材を提供していた運営者へ問い合わせる【運営元とご自身でやり取り】

詐欺被害の解決にはできるだけ早い初動が大切なので、まず最初に自分の力でできる行動から始めてみよう。
すぐにできるのは、ナンパ師や業者に直接問い合わせをかけることである。

ただ、「全然結果が得られない」「内容が薄すぎる」と訴えたとしても、ナンパという行為自体が非常に個人差が大きく平均化して考えることが難しい。
「言った通りにやっていない」「努力が足りていない」などと逆に言いくるめられてしまう可能性が高いことは認識しておこう。

まずはジャブを打っておくようなつもりで、返金対応が可能なのかをあくまで事務的に質問してみることをお勧めする。
あまり感情的な言葉で相手を責めたりクレームを繰り返すと、相手側から「脅しだ」として訴えられたり、証拠を消して逃亡を図られるリスクもあるためである。

少ないケースながら、大事にしたくないと問い合わせがあった時点であっさりと返金に応じる可能性もある。
まずはすぐにできる方法から一歩解決へと動き出そう。

メリット

  • 家族や友人などに知られることなく行える
  • 問い合わせで返金対応してもらえれば、負担やストレスを最小限に抑えられる
  • 最もスピードを持って起こせる行動

デメリット

  • 詐欺師や悪徳業者が個人の問い合わせにあっさり返金に応じる可能性は低い
  • 逆に相手側から「脅し」「脅迫」などと言われたり、利用規約を引き合いに出して徹底的に言いくるめられることも
  • 結論を先延ばしにしている間に相手に逃げられてしまうリスクもある

②ナンパ塾・コンサル・高額情報商材について無料で相談できる窓口へ連絡・通報

前述したように、個人の力で詐欺師を言い負かし、返金を勝ち取るのは交渉スキルとかなりの労力が必要となる。
自力解決が難しいと感じたら、早い段階で第三者へ相談をするのも大切だ。
下記で紹介する窓口は公的機関が運営しており、無料で誰でも安心して利用できる。
それぞれの専門分野の相談員が話を聞き、解決のためのアドバイスを行ってくれるので積極的に相談してみよう。

消費者ホットライン(188)

ネットショッピングや悪徳業者による勧誘など、消費者がトラブルに巻き込まれた際に幅広く対応するのが消費生活センターだ。
消費生活センターは各自治体が設置しているので、困った時は最寄りの窓口に頼ることになる。

そんな時便利なのが消費者ホットラインだ。
消費者ホットラインは全国どこからでも「188」とダイヤルすればかけることができ、相談の概要を聞いて最寄りの消費生活センターへ電話を取り次いでくれる。
咄嗟の時にでも「188(いやや)」と覚えておけば、いつでもどこでもスムーズに相談へ移行できるようサポートしてくれる窓口なのだ。

もしナンパ師やナンパサイトの業者とどうにも交渉がうまくいかない際は、消費生活センターの「あっせん」が受けられないか聞いてみるのも手だ。
消費者と事業者の交渉が難航した際に消費生活センターが間に入って話し合いを手助けしてくれるサポートなので、受けることができれば解決が早まるかもしれない。

警察相談専用電話(#9110)

ナンパ師に騙されたかもしれない、詐欺商材を買ってしまった…そんな時に警察に相談したいと思ったら警察相談専用電話(#9110)を利用しよう。
その名の通り、警察が相談専門で設けている窓口であり、被害状況を話すことで解決のために利用すべき専門機関の紹介や、警察の目線からのアドバイスを受けることができる。

また、被害回復のために被害届を出したいという時もこちらに相談すれば、手続きについても教えてもらえる。
あくまで相談専門の窓口ではあるが、警察に話をすることで解決への道筋がはっきりとしてくるだろう。

法テラス

法テラスは法的な観点からトラブルや詐欺についてどう行動すべきかアドバイスしたり、適した法律事務所を紹介する窓口だ。
トラブルの内容に対してその分野を得意とする法律事務所や弁護士を紹介してくれるので、「弁護士を雇いたいがどこに頼めばいいかわからない」という人でも安心である。

また、経済的に余裕がない人が法的解決を進めるために、弁護士費用を分割で支払える制度を利用できる場合も。
まずは一度被害状況をまとめて法テラスに相談をしてみよう。

消費者相談室

消費者相談室は経済産業省が消費者トラブル全般に関しての問い合わせに、対応するよう設けている機関である。
消費者と事業者の間に起きたトラブル、詐欺などについて電話で相談を受け付けている。

「解決へ向けての行動がわからない」「相談すべき機関がわからない」という立ち往生の状況でも、経済産業省の視点から適した専門機関の紹介を行っているので他の相談窓口と並行して利用するのもお勧めだ。

適格消費者団体

適格消費者団体とは詐欺師や悪徳業者から消費者の利益を守るために内閣総理大臣から認可を受けた団体である。
中身を偽った広告やしつこいセミナーの勧誘などの行為があった場合、適格消費者団体が消費者に代わって差し止め請求の訴訟を起こすことができる。
差し止めは直接的な被害回復にはならないかもしれないが、被害の拡大を防ぐことができるため詐欺師にとっては大きなダメージとなる。

また、同じナンパ師やナンパ関連の業者から被害を受けた人が多数いれば、特定適格消費者団体による集団訴訟で返金請求を行えることも。
条件はあるものの、集団訴訟であれば弁護士費用も抑えつつ被害回復が望める。
まずは一度同じ被害にあった人がいるかどうか確認をしてみよう。

メリット

  • 誰でもお金をかけずに気軽に利用できる窓口である
  • 公的機関が運営しており、情報漏洩や個人情報の扱いも安心
  • 複数の窓口を並行して利用すれば、各分野の専門相談員の視点から豊富なアドバイスを受けることができる
  • 同様の被害者が複数集まれば、特定適格消費者団体による集団訴訟で返金請求を行うこともできる

デメリット

  • 公的機関が運営しているため、利用時間が限られるためなかなか相談できなかったり、対応に遅れが生じる場合も
  • 集団訴訟には被害者を多数集める等の条件があり、満たせなければ個人で訴訟を起こすしかない
  • あくまでアドバイスや機関紹介がメインの目的であり、直接解決のために動いてくれる窓口ではない

 

③法律事務所への依頼で被害金を取り返す!!ナンパ塾・コンサル・高額情報商材について弁護士・司法書士へ相談

非常に高額な被害を受けた場合、金銭面だけでなく脅迫や誹謗中傷などの被害を受けた場合は弁護士・司法書士をつけて法的な措置の検討も必要になってくる。
また、交渉に時間がかかっていると悪徳業者がサイトやSNSアカウントなどを全て消去して逃げてしまうリスクがあるのもネット犯罪の恐ろしいところである。
特にナンパ師やナンパ界隈のサイト運営者は、他のショッピングサイト詐欺や投資詐欺に比べて個人情報や事業者情報がネットに少ない傾向があり、少しでも証拠を消されると大打撃だ。

すぐに解決したい、必ず被害回復したいと考えているのであれば、上記で紹介した公的機関の窓口も使いつつ早い段階で法律事務所への相談も進めよう。
ネット詐欺に特化した法律事務所に依頼すれば、全額返金やスピード解決も見据えやすくなる。

金銭的に不安がある、法律事務所はハードルが高いと感じる人は、ぜひ無料相談を設けている事務所へ相談してみよう。
無料相談ならば、被害回復の可能性や実際にかかる費用についても事前に確認してから本契約を検討することができ、安心だ。
専用フォームからの問い合わせやLINE・メールでのコンタクトは24時間受付可能としている事務所も多いので、多忙で時間に制限がある人でも自分のタイミングで問い合わせができるのもメリットだ。

メリット

  • 確実な返金、スピード解決を望んでいるならば法律のプロに頼むのが近道
  • 依頼すればナンパ師や悪徳業者と直接やり取りをしなくて良いのでストレスや労力も軽減
  • 相手から脅しや中傷を受けた場合慰謝料請求なども行うことができる

デメリット

  • 詐欺の証拠が少ない、相手がすでに情報を消して逃げているなど不利な条件が重なると解決は難しい
  • 弁護士・司法書士の依頼費用が発生するため、被害額とのバランスを考慮しないと大きく赤字を出すことも

結論:人間の欲求を利用する卑劣な詐欺行為が横行!ナンパ指南の利用はぜひ慎重に

可愛い子をナンパしたい、ナンパで女の子と遊びたいという気持ちは、男性の本能的な欲求にも関わってくる。
そのため、気持ちが盛り上がっている時ほど判断力は低下し、普段なら手を出さないような怪しげなものにもお金を払ってしまう。
ナンパ師やナンパ指南を商品とする悪徳業者は、その気持ちを煽るノウハウを駆使して次々と詐欺被害者を生んでいるのだ。
特に「ナンパ成功人数」は数値の優劣を感じるため、「もっと増やしたい」と歯止めが効かなくなりどんどんと出費もエスカレートしていく。
素敵な女性との出会い、デートは魅力的な体験だが、本当に自分にとって高額な費用を払ってまで「ナンパ指南」が必要なのかは冷静かつ慎重に判断するようにしたい。

ナンパという行為のイメージから、ナンパ塾・コンサル・情報商材で詐欺にあっても「恥ずかしい」「知られたくない」という思いが先行してなかなか行動を起こせず、結果泣き寝入りになるケースが多発している。
しかし泣き寝入りするということは詐欺師の卑劣な行為を認め、さらに被害拡大を助長する原因にもなってしまう。
ぜひ勇気を出し、第三者の力も頼りながら一歩ずつ解決への歩みを進めてほしい。

ネットトラブル詐欺被害(情報商材&副業詐欺)における返金を依頼するならココ!!
■おすすめ①:法律問題の無料相談窓口「日本法規情報」 法律問題の無料相談窓口「日本法規情報」 日本法規情報は、無料でネットトラブルや副業詐欺被害等、法律問題全般を相談できる解決窓口。 「弁護士・法律事務所は数が多すぎてどこへ依頼すれば良いかわからない」というお悩みを一発解決。 精査された信頼できる法律事務所のみをご紹介。 ご案内可能な法律事務所は全国で1000箇所以上、法律の専門家はのべ3000人以上。 相談料0円・無料/24時間365日WEB申込受付可能/土日相談対応可能。

⇒詳細の解説・評判はコチラ ⇒無料相談・ご依頼はコチラ


■おすすめ②:イーライフ司法書士法人(旧:平栁司法書士事務所)   イーライフ司法書士法人 ネット副業詐欺や情報商材詐欺被害の相談&返金に強いイーライフ司法書士法人(旧:平柳司法書士事務所)。 相談料・交渉料・着手金は0円!!依頼費用は詐欺業者から返金額の35%!!お金がない人でも安心。

⇒詳細の解説・評判はコチラ ⇒無料相談・ご依頼はコチラ


Twitterでフォローしよう

おすすめの記事