ネットワークビジネス(MLM)・ねずみ講・マルチ商法の詐欺被害の返金方法・手順・相談窓口【最終手段は弁護士・司法書士】

騙された!?ネットワークビジネス・MLM・ねずみ講・マルチ商法の詐欺被害にあった場合の解決方法と手順【騙し取られたお金を取り返す・取り戻す】

目次

マルチレベルマーケティング(MLM)連鎖販売取引と無限連鎖講いわゆるねずみ講。
別の販売形態でありながら似通った事例も多いこのビジネスは、購入者が新たな購入者を勧誘し連鎖的に商品等を販売させる取引でありマルチ商法と呼ばれることもある。
学校や職場関係の友人など親しい関係の中で勧誘を受けることが多く、一度は話を聞いたという人も少なくないだろう。
以前は違法若しくは法律ギリギリの商売を行なっていたが大きな業務改善を行い、社名などを変更し現在も営業しているという会社もあるが、依然としてネットワークビジネス、マルチレベルマーケティング(MLM)・ねずみ講・マルチ商法に関する詐欺被害は減らない。
これらの詐欺にあった場合の返金方法、手順、相談窓口を紹介する。

【解決をお急ぎの方へ】ネット詐欺被害の相談&返金依頼のおすすめ業者のご案内
■おすすめ№1:「弥栄法律事務所 弥栄法律事務所_詐欺被害 弥栄法律事務所は、ネット詐欺事件、副業詐欺・高額情報商材等のネットトラブル全般の解決が可能!!出会い系アプリや婚活サイト詐欺も得意。 相談料・交渉料・着手金は0円・無料!!弁護士への必要な依頼費用は返金成功後の回収額のうち25%のみリスク低!!


ネットワークビジネス・マルチレベルマーケティング(MLM)・ねずみ講・マルチ商法の詐欺とは?

「必ず儲かる話がある」「一緒にビジネスをやろう」というのがこれらの詐欺の誘い文句である。
それがネズミ講であれば法律で禁止されているビジネスであるが、実際に販売する商品はなく、自分が新たな会員を作るとその新たな会員の会費の半分が自分に、そしてその半分が自分を会員にした人に分配されるというものである。
人口に限りがある以上、このシステムは破綻することになっており将来性がないため、詐欺であるだけでなく自分が勧誘した相手との人間関係も悪化させてしまうという特徴がある。
合法であるネットワークビジネスやマルチ商法の中にも詐欺が存在している。
これらの商売の場合、ビジネスであることを伝えなければならないとかクーリングオフについて説明しなければならない等いくつかの規制があるが、実際にはそれらを完全に無視したしつこい勧誘を行う場合もあり、最終的には使いもしない物を買わされたり、売ることもできない商品の在庫を抱えてしまうといった事例も見られる。

ネットワークビジネス・MLM・ねずみ講・マルチ商法の詐欺の種類について

ねずみ講のように違法なものであるにも関わらずそれを伏せて勧誘され被害にあう人がいる。
ネットワークビジネスやマルチレベルマーケティング(MLM)やマルチ商法の場合、物が存在しない投資話などを持ちかけられたり仮想通貨や海外での事業など、ビジネスの仕組みが不明瞭な儲け話で巧みに勧誘し金銭を騙し取るといった事例もある。

ネットワークビジネス・MLM・ねずみ講・マルチ商法の詐欺の手口について

一昔前は、ファミレスや喫茶店に友達を呼び出し二人掛かりで勧誘するという状況もよく見られたが、最近ではLINEやTwitter、FacebookなどのSNSを通じた勧誘が多い。
一度に複数の人に話を持ちかけることができる上、実際に会って話すよりも話しやすく、文字にすることで説得力も増すのがSNSを使う手口の利点である。
騙されたという人の中には、全てSNS上のやり取りのみで入金まで行なったという人もいる。
投資やコンサル・セミナーなど商品が存在しないビジネスに加え、実際に商品が存在するビジネスもある。
例えば、市販の洗剤や化粧品などに含まれる成分が体に害を及ぼすものであるとし、全ての日用品・生活用品を自社ブランドのものにするよう促すなど、健康に気を使う人々に対し半分脅しのような文句を並べる手口で勧誘し、さらに家族や友人に進めることは善であるかのように促すといったものもある。

ネットワークビジネス・MLM・ねずみ講・マルチ商法が本当に詐欺であるか、見分け方

どんな詐欺にも共通する見分け方として、どんな文言で近づいてくるかを冷静に受け止めることが重要である。
ネットワークビジネス(MLM)やねずみ講・マルチ商法に関する詐欺については特に、「夢が叶う」「自由にビジネスができる」「あくせく働かずとも稼げる」といった夢物語をあたかも実現可能であるかのように、もしくは自分がそれをすでに経験しているかのように語ることがある。
逆に将来や健康への不安を煽る話し方で勧誘してくる場合もある。
必死とも言える熱意のこもった話をしてくるのが、友人や親族であるなら最初は義理で耳を傾けていたとしても心が動いてしまうこもあるだろう。
ビジネスとして成り立っている以上、巧みなセールストークが存在するのも事実である。
とにかく「うますぎる話」はまず詐欺を疑うことをおすすめしたい。

他にも詐欺かどうか見分ける方法がいくつかある。
運営元の連絡先がしっかりと記載された資料がない、クーリングオフに関する明快な説明がない、何を売っているのか何にお金を払うのかが不明瞭、問い合わせや疑問に対する明確な答えがないといった場合、詐欺の可能性を疑ってほしい。


ネットワークビジネス(MLM)・ねずみ講・マルチ商法の詐欺被害ので詐欺にあってしまったら状況・情報の整理をしよう【証拠集め・裏付け】

どんな詐欺にあった場合も、重要なのは支払った証拠と支払いに至ったプロセスをできる限り保存しておくことだ。
メールや電話、SNSのやり取りなどを全て保管しておくことで後々第三者へ相談する際の裏付けとして使用することができる。
内容が脅迫じみたものであったり、明らかに違法なトークであった場合、被害回復に有効に働く証拠となる。


問い合わせ相談窓口や電話・通報連絡先:実際にネットワークビジネス(MLM)・ねずみ講・マルチ商法の詐欺にあった場合の解決方法と手順【どこに連絡・相談するべきか?】

①自力解決!?ネットワークビジネス・MLM・ねずみ講・マルチ商法を提供していた運営者へ問い合わせる【運営元とご自身でやり取り】

ネットワークビジネス(MLM)・ねずみ講・マルチ商法の詐欺にあったなら、まずは自分で運営者へ問い合わせてほしい。
自分を勧誘した友人や親族ではなく、そのビジネスを運営している運営元への直接のアプローチをおすすめする。
その際には、「詐欺と疑う根拠」や「直接のやり取りがうまくいかなければ、第三者や専門家への相談も検討している」という内容を伝えることもできる。

メリット

  • 直接やり取りをし返金されれば不必要に時間を奪われることなく解決することができる
  • クーリングオフの制度を利用して被害を回復できれば大きなトラブルを回避できる

デメリット

  • 友人関係などの親しい関係を利用して言いくるめられてしまう可能性がある
  • ネットでの繋がりのみであった場合相手を刺激して連絡が取れなくなってしまうことがある

②ネットワークビジネス・MLM・ねずみ講・マルチ商法の詐欺について無料で相談できる窓口へ連絡・通報

ネットワークビジネス・マルチレベルマーケティング(MLM)・ねずみ講・マルチ商法に関する詐欺にあった場合、相談できる公的窓口がいくつかある。
それらの窓口には常に最新の情報が寄せられており、対策についても熟知しているので、直接のやり取りが難航した場合はすぐに第三者への相談へ切り替えることをおすすめしたい。
気軽に無料で相談できる窓口を紹介しよう。

消費生活センター・国民生活センター

消費者ホットライン(#188)に電話をすると、最寄りの消費者センターや国民生活センターにつながるため、そこでネットワークビジネス(MLM)・ねずみ講・マルチ商法の詐欺について相談することができる。
内容によっては、運営元へ直接働きかけを行なったり、弁護士を紹介するなどを行なってくれる。

消費者ホットラインはコチラ

警察相談専用電話(#9110)

詐欺は犯罪であるため、被害回復のための相談とはまた別として「通報」という意味でも、警察への相談はおすすめしたい。
それにより必要な情報を得ることがでる上、被害が拡大するのを防ぐこともできる。

警察相談専用電話(#9110)についてはコチラ

法テラス

被害回復を希望するなら弁護士への相談は効果的である。
裁判をするならばなおさら弁護士を立てなければならないが、弁護士への依頼は費用がかかるため躊躇する人が多い。
経済的に余裕がないという人が安心して相談できるのが法テラスだ。
弁護士が無料で相談を受け付けており、必要なアドバイスをしてくれる。
ネットワークビジネス・マルチレベルマーケティング(MLM)・ねずみ講・マルチ商法の詐欺は、他にも被害にあった人が複数いる場合があるため、集団で訴訟を起こすといった方法も検討できる。

法テラスはコチラ

メリット

  • 無料で相談できるので経済的に余裕がない人も安心
  • 警察への通報で被害の拡大を防ぐことに貢献できる可能性がある

デメリット

  • 公的窓口は受付時間が限られており順番の対応となるためスピード解決は期待できない
  • 警察へは被害回復については相談できないので個人的に弁護士や司法書士への相談が必要

 

③法律事務所への依頼で被害金を取り返す!!ネットワークビジネス(MLM)・ねずみ講・マルチ商法の詐欺被害について弁護士・司法書士へ相談

ネットワークビジネス・マルチレベルマーケティング(MLM)・ねずみ講・マルチ商法の詐欺について、直接のやり取り、無料の相談窓口への相談をおすすめしたが、騙し取られたお金を取り戻すための最終手段は弁護士や司法書士などの法律の専門家へ相談することである。
これまでと違い、SNSなどインターネットの世界でネットワークビジネス・マルチレベルマーケティング(MLM)・ねずみ講・マルチ商法の詐欺が行われている昨今、解決のためにはITに関するある程度の知識も必要となる。
法律事務所の中にはITの知識とそれを利用した詐欺について経験を積んでいる弁護士や司法書士が在籍している事務所もあるため、依頼先の選定の際には参考にしてほしい。

メリット

  • ITの知識がある法律の専門家への依頼でスピード解決が可能
  • 弁護士への依頼なら自分で直接やり取りすることなく安心して解決まで任せることができる
  • 弁護士へ依頼すれば裁判になった場合にも代理人として対応してもらえる

デメリット

  • 弁護士や司法書士へ報酬を支払わなければならない

弁護士や司法書士への依頼は費用がかかるため、躊躇する人も多いが、詐欺被害にあった場合など相談や着手金を取らず成功報酬のみ請求する法律事務所も存在している。
各法律事務所の得意案件や特徴、報酬のシステムなどもじっくり考慮し選定の参考にするようおすすめしたい。


結論:被害回復を希望するなら法律事務所への相談を!

人間関係を利用したネットワークビジネス・マルチレベルマーケティング(MLM)・ねずみ講・マルチ商法の詐欺。
インターネットの利用により、その種類も手口も増え被害に会う人が絶えない。
それとは知らずねずみ講ビジネスに関わってしまった人は被害者として対策を講じることも可能であるため、早い段階で消費者センターや法テラスへの相談を検討してほしい。
またネットワークビジネス・マルチレベルマーケティング(MLM)やマルチ商法の詐欺は被害額が大きいことが多いため、弁護士や司法書士事務所への相談がおすすめだ。
種類や手口が変わったとはいえ、昔から存在するトラブルであるため、経験を積んだ法律の専門家が在籍する法律事務所も多い。
さらにITに強い事務所への依頼で早期解決も期待できる。
詐欺にあったら一人で悩まず被害回復のために法律事務所へ相談しよう。

ネットトラブル・ネット詐欺被害(情報商材&副業詐欺)における返金を依頼するならココ!!
■おすすめ①:弥栄法律事務所 弥栄法律事務所_詐欺被害 ネット詐欺、副業詐欺・高額情報商材詐欺、サクラサイトや出会い系詐欺被害の相談&返金が得意な弥栄法律事務所。 相談料・交渉料・着手金は0円・無料!! 弁護士へ必要な依頼費用は詐欺業者から返金成功後の回収額25%のみ、リスク低!!

⇒詳細の解説・評判はコチラ ⇒無料相談・ご依頼はコチラ


■おすすめ②:平柳司法書士事務所 平栁司法書士事務所_詐欺 ネット副業詐欺や情報商材詐欺被害の相談&返金に強い平柳司法書士事務所。 相談料・交渉料・着手金は0円!!依頼費用は詐欺業者から返金額の35%!!お金がない人でも安心。

⇒詳細の解説・評判はコチラ ⇒無料相談・ご依頼はコチラ


Twitterでフォローしよう

おすすめの記事