競輪予想サイト・情報提供詐欺被害の返金方法・手順・相談窓口【最終手段は弁護士・司法書士】
ネット詐欺被害を解決できる法律相談窓口

▼迷ったらココ!!人気№1の相談先「日本法規情報」

日本法規情報は、ネットトラブル、副業詐欺・情報商材等、法律問題全般の解決窓口。 ご依頼者の要望や条件にあった弁護士・法律事務所をご紹介する無料のマッチングサービス。 相談料0円・無料/費用面でのリスク低/24時間365日・土日対応可能
⇒法律問題の無料相談窓口「日本法規情報」へ無料相談する

騙された!?競輪予想サイト・情報提供の詐欺被害にあった場合の解決方法と手順【騙し取られたお金を取り返す・取り戻す】

目次

競輪は競馬、競艇、オートレースに並ぶ公営競技の一つだ。
他の競技が馬やボート、バイクという動力を使う中、競輪は選手の力のみで行われ、ギャンブルではありながらスポーツとしての側面が最も強い。
鍛え上げられた選手たちダイナミックな走り、そしてレース中の駆け引きなど純粋なスポーツ観戦としても楽しめるのも競輪の魅力であり、近年では若年層にもファンを増やしている。

競輪は7〜9人の選手の順位を予想し、車券を購入するというシンプルなルール。
16頭の馬が出走する競馬に比べ予想が立てやすく、ギャンブル初心者でも楽しみやすいのも人気の理由の一つだ。
ただ、競輪は「ライン」と呼ばれる選手同士のレース中の連携が特徴であり、本当の意味で予想を立てるには選手たちの人間模様までも考慮しなければならないというディープな面も持っている。
ただ速い選手に賭ければ良いわけではないのが競輪予想の難しい点であり、ファンたちは「ああでもない」「こうでもない」と議論を繰り広げるのだ。

競輪でコンスタントに車券を的中させ、手っ取り早くお金を稼ぎたいと考える人にとって「競輪予想サイト」の存在は重要だ。
競輪予想サイトは過去のデータや選手の能力、コンディションなどから着順を予想し、その情報を提供するもの。
利用者はサイトから得た予想情報を自身の車券購入の際の参考とする。
もちろん全ての予想が大当たりすることは現実的に無理な話だが、中には予想情報が的中したことによって莫大な配当金を手に入れたという例も存在しているようだ。
多少の出費はあったとしても、予想が当たったことでその何倍ものお金が手に入る可能性があるとすれば、競輪予想サイトに利用者が集まるのも必然だろう。

しかし、その裏で「競輪で勝ちたい」「ギャンブルで一儲けしたい」という人の気持ちにつけ込み、でたらめな予想を売りつけたり法外な情報量を騙し取るという悪徳予想サイトや情報販売の詐欺も問題になっている。
競輪でお金を稼ごうとした結果逆に詐欺師に大金を奪われてしまっては、ギャンブルの楽しみも大切なお金も失う大損害だ。
悪質な詐欺の手口に引っかからないためには、どのような詐欺が起きているのか知識をつけて事前に怪しいサイトや人物を避けるという対策が有効である。
今回は競輪の予想サイトや情報提供に関する詐欺、トラブルについてまとめその対策についても解説していこう。

【解決をお急ぎの方へ】ネット詐欺被害の相談&返金依頼のおすすめ業者のご案内
■おすすめ№1:法律問題の無料相談窓口「日本法規情報」 法律問題の無料相談窓口「日本法規情報」 日本法規情報は、無料でネットトラブルや副業詐欺被害等、法律問題全般を相談できる解決窓口。 「弁護士・法律事務所は数が多すぎてどこへ依頼すれば良いかわからない」というお悩みを一発解決。 精査された信頼できる法律事務所のみをご紹介。 ご案内可能な法律事務所は全国で1000箇所以上、法律の専門家はのべ3000人以上。 相談料0円・無料/24時間365日WEB申込受付可能/土日相談対応可能。


競輪予想サイト・情報提供詐欺とは?

競輪は日本発祥の自転車競技であるとともに、公営ギャンブルの一つである。
競輪場は全国に43箇所(2022年1月時点)と非常に数が多く、他の公営競技と比較しても気軽に競技場に出向けるという地域密着型の魅力も兼ね備えている。
競輪は長らくギャンブルとしてのイメージが強かったが、2000年のシドニーオリンピックより「ケイリン」が五輪種目となったことからスポーツ的な側面が注目され、近年ではスポーツ観戦を楽しむ感覚で若年層や女性にも人気が高まっている。

しかし、やはり公営競技としての競輪のメイン目的はギャンブルにある。
選手の着順を予想して車券を購入するというシステムだが、競輪には「ライン」といった独特な要素があり、他の競技にはない予想の難しさを持っている。
その人間関係やチーム戦的な要素が試合結果の予想を複雑化する一方、単純な読みだけでは計り知れないという競輪の魅力を際立たせている。
ただ、そこで「コンスタントに勝ちたい」「安定して収益を得たい」と考える人は、予想サイトや競輪情報を取り入れて予想を楽にしたいと考えるのではないだろうか

競輪予想サイトとは、サイトに登録して月額を支払ったり、欲しい情報ごとに課金をするなどして予想を入手するものだ。
サイト上で情報を確認するほか、メールマガジンやLINEなどで発信されてくる形式もよく見られる。
また、サイトへ会員登録をしなくとも、情報商材売買サイトやnoteといった個人で情報を取引できるプラットフォームを利用し、有料の情報を購入するという方法もある。
これらの予想サイトや取引される情報は数多く存在しており、利用者は過去の的中実績や他のユーザーの口コミ、SNSの評判などを見ながら自分が使うサイト・方法を探っていくことになる。

競輪予想サイトは詐欺ばっかり?!ネットで見る評判とは

しかしこの競輪予想サイトや情報提供、元々ギャンブルを目的としたものなだけに必ずしも治安がいいとは言えない状況のようだ。
ネットでは「詐欺」「ぼったくり」などネガティブな評判もよく見られる。
実際、競輪予想サイト界隈は安全なのか、それとも詐欺が多いのか、Twitterで呟かれる生の声を見てみよう。

競輪予想サイトや高額情報に騙された人

競輪予想の詐欺について調べると、「騙された」「後悔した」という人の声の多さに驚く。
それだけ競輪の予想はニーズがあり、かつ詐欺師による悪質な行為が横行しているということであろう。

競輪予想というもの自体問題があると指摘する声も

そもそもギャンブルには確実というものはなく、予想を販売すること自体意味がない、もしくは問題があるのではと考える人もいる。

ハズレ予想のツイートを削除したり、予想的中の実績を捏造したりと詐欺師の手口についても言及する声も見られた。

上記は競輪予想に対する声のほんの一部に過ぎないが、見る限りやはり競輪予想サイトや情報販売には怪しい業者や詐欺師が紛れ込んでいると言って良さそうだ。
ではどのような詐欺が起きているのか、次項から詳しく紹介していこう。

競輪予想サイト・情報提供詐欺の種類について

有料サイトへの登録、情報への課金でお金を騙し取る詐欺

まず、競輪の予想を手に入れる方法として、最も利用者が多いのは競輪予想サイトと呼ばれるサービスだろう。
競輪予想サイトはその名の通り競輪のレース結果を予想し、その情報を会員に提供するサイトだ。
料金体系は運営会社によって様々だが、月額料金を支払っていく形式や、必要な情報ごとに課金をする形式などがある。
ただ、悪徳と言われるようなサイトの場合、この料金がことごとく高額で、利用者は思いも寄らない請求を受けることになる

異常に高い月額利用料に加え、一件数万円もの金額がかかる予想、そしてシステム利用料や会員更新料など様々なところでお金を搾取してこようとする。
気付いたら月々に何十万円ものお金を予想サイトに支払い、例え少額のレースが当たったところで赤字になってしまうという事態が起こる。

高額な情報商材や有料noteによる詐欺

競輪の予想情報は専門サイト以外でも、個人の「予想屋」と呼ばれる人たちがSNSや掲示板を使って購入者を募っているケースもある。
情報商材売買サイトやnoteなど個人で情報の取引ができるプラットフォームを使い、予想情報を売っていることが多い。
競輪の予想情報というものはわかりやすい相場が存在しないため、その価格は販売者により様々だが、中には一件数万〜数十万と言った驚くほど高いものが目に付く。
これらの法外な値段の情報商材やnoteは「絶対当たる」「的中確実!」などと触れ込み、購入者の気持ちを煽るが実際蓋を開けてみると「当たらない」「ひどい予想」と酷評されるものばかりだ。

しかし情報商材やnoteは購入者の元に渡った時点で情報としての価値を失い、返品や返金対応というものがほぼ不可能になってしまう。
それゆえ詐欺師にとっては好都合な商品形態であり、競輪の情報だけでなく投資や副業など様々な内容で利用されている。

個人情報を盗み、悪用する詐欺

悪質な競輪予想サイトは利用者からお金を巻き上げることだけが目的ではない場合がある。
それが個人情報の抜き取りである。
メールアドレスや電話番号を登録すると、サイト規約に合わない連絡や勧誘を繰り返すという迷惑行為に使われることも。
有料情報や月額を請求するよりもずっと効率よく儲けるため、別の悪徳業者や詐欺グループに情報を売ってしまうケースも多く、その場合どんなことに個人情報が使われるかわからずとても危険だ。
もし氏名や連絡先だけでなくクレジットカードや銀行口座の情報も登録していたとなると、気付いた時には大金を失う被害に遭う可能性もある。

競輪予想ソフト、予想システムを売りつける詐欺

競輪予想ソフトやシステムを販売する業者も存在する。
しかし、人間ですら読みきれない未来のレースのことを、正確に予想できるソフトやシステムが存在しているとは考えづらくないだろうか?
もし本当に当たるソフトやシステムならば、開発者は他者に売るより余程大儲けできるはずである。
よって多くの予想ソフト・システムは根拠のない数字をランダムに発信するだけのものだと考えられる。

ただ、これらのソフト・システムは「他社を圧倒する高的中AI搭載」「一度買えば未来永劫的中予想があなたのものに!」など魅力的な触れ込みで売られており、競輪で勝ちたい人たちの気持ちを強く煽るものとなっている。
数万からひどい時には数百万円にも及ぶ金額がつけられていることもあるソフトやシステム販売だが、「すぐ元が取れる」と思えばいいかも…と気持ちが揺らぎ手を出してしまう人が続出しているのだ。

クレジットカードの現金化に関わる詐欺

競輪に限らず、ギャンブル界隈では手持ちがない、今すぐにはお金が払えないという人に対して「クレジットカードを現金化すれば払えますよ」と話を持ちかける詐欺が横行している。
クレジットカードの現金化とは、通常買い物で利用するショッピング枠の利用額を換金のために使うというものである。
現金化を行うとすぐにお金を手にすることができるが、支払いは通常の引き落としと同様翌月などに必ず回ってくる。
その場は凌ぐことはできるが、後々に問題を残すだけのリスクの高い行為だ。

詐欺師はそのリスクを見えないように、また感じさせないように巧妙に言いくるめてくる。

「カードの支払日までには買った予想で大儲けしているから大丈夫」と安心させるフリをしたり、「今買わないと次の希望者に購入権利が移ってしまう」と時間制限をかけて焦らせたりというのが常套手段だ。
そしてこの詐欺を仕掛けてくる場合、多くはクレジットカード現金化の業者と裏で繋がっており、現金化業者は客を紹介してもらって手数料を儲け、予想サイト業者は即現金が手に入るという仕組みである。
もちろん予想が当たって大儲けすることは考えにくく、被害者に残るのは、翌月に控えた高額請求のみだ。

さらにはクレジットカードの現金化はカード会社にとって認められない行為であるため、カードが利用停止されたりブラックリストに載るなどお金を失うだけにとどまらない様々な弊害が生じることもある

競輪予想サイト・情報提供詐欺の手口について

的中実績の捏造や偽装

悪徳予想サイトにおいて、的中実績の捏造は当たり前に行われている。
その手口は主に以下のような方法であり、手軽かつ仕組みを知らなければ騙される人も多い巧妙なものだ。

  1. 予想情報を販売する中で、いくつか「完売しました」「購入希望者多数につき抽選」などと理由をつけて、購入できない予想を掲載
  2. 購入できない状態のままレース当日を迎え、レースが終わった後に「的中!」と銘打って的中車券を捏造、サイトに掲載
  3. 人が食いついたところで次週のレース予想適当な予想を販売する

このように、ありもしない的中情報をでっち上げ、「このサイトは本当に当たる!」と思い込ませるのである。

「的中証明があるから大丈夫」と信じてしまうのも実は危険だ。
今の時代、誰でも画像編集ソフトで簡単に的中証明を偽造することも可能である。
大々的に掲載されていたとしても、信頼できるものだとは安易に思わない方が良い。

八百長レース、関係者しか知らない情報をネタにする

「関係者しか知らない情報を売ります」「八百長レースが行われるので情報を買いませんか」と話を持ちかけてくるのも詐欺の常套的な手口だ。
誰も知り得ない話、そして的中確実な八百長レースと言われたら、魅力に感じてしまう人がほとんどだろう。
さらに詐欺師は「あなたにだけ特別に話をもってきた」という姿勢を見せることが多く、自分だけが知り得てかつ儲けられる話だと思い込んだら、多少高い情報でも買ってみようかとなってしまう。

ただ、実際のところはそんな美味しい話が存在するはずもなく、高い情報量を無駄にすることになる。

無料情報、破格の値引きで人を集める

「セール」や「無料」と言った言葉は人の心を惹きつける。
詐欺師はその心理を利用し、「無料で予想を提供」や「いつもなら◯万円の予想を特別セール価格で」とお得さを押し出してカモを集める。
この手口は主に、悪質な予想サイトへの会員登録や個人情報の抜き取りが目的である。

クレジットカードや銀行引き落としなどの支払い方法を入力させれば、そのデータを悪用し不正にお金を利用したり、高額の請求をすることも可能だ。
また、入力した個人情報を売り払ってお金を稼ぐという方法もある。
無料という言葉の前に警戒心が緩んでしまうと、予想だにしない大きな被害が降りかかってくる可能性があることを認識しておかねばならない。

ワンクリック詐欺、架空請求に似た手口

予想の詳細ページを見ようとしたら、購入ボタンを押していないのに「ご購入ありがとうございます」というメッセージが表示され、支払いを促されるというワンクリック詐欺に似た手口も増えてきている。
間違って購入ボタンを押してしまったのかと慌てるかもしれないが、本当に購入するためには確認が何度か行われるはずなので、この支払いには応じる必要はない。
ページを閉じたりブラウザごと終了したりすれば何事もなかったかのように終わることがほとんどだ。

しかし架空請求の詐欺は人の気持ちを焦らせる仕掛けがいくつもかけられているため、いきなりのことだと正常な判断力が働かずお金を払ってしまったという事例が多い
このような手口が存在していることを知っているかどうかで冷静な対応ができるかどうかが分かれる。

詐欺を行った後足がつく前にサイト閉鎖、音信不通に

ネット詐欺はいざとなったらネット上の情報を消して逃げるということが簡単にできてしまうのが恐ろしいところだ。
騙された!と思って問い合わせをしようと再度予想サイトを訪れたら、既にサイトごと消されており運営会社や連絡先など何もわからず泣き寝入りになってしまうというパターンに陥る。
情報や証拠がなくなってしまうと、警察や弁護士などの力でも解決が難しくなることがあるので、詐欺にあったと気付いたらできるだけ早く行動を起こすことが大切となる。

競輪予想サイト・情報提供が本当に詐欺であるか、見分け方

それでは、上記で紹介してきたような詐欺に引っかからないために、どう言ったサイトや情報提供者を選べば良いのだろうか。
ここでは、悪徳業者やお金を騙し取ることを目的とする詐欺師の特徴をいくつか挙げていこう。

サイト運営や情報提供をする会社の事業者情報がない、偽の情報が記載されている

競輪予想サイトに運営事業者の情報が全く記載されていないのは怪しむべきポイントだ。
会社名、住所、電話番号、メールアドレスなどの情報を明かさないことで、利用者からの問い合わせやクレームが取れず、実質詐欺を行って逃げているような状況になる。
サイト内のどこにも連絡が取れるような情報が記載されていなければ、利用は避けておいた方が良い。

また、住所や電話番号が書いてあったとしても、それが本当に正しいものかはわからない。
少しでも怪しいと感じるサイトならば、住所でマップ検索をして会社が実在しているか調べたり、電話番号が繋がるものなのか確認してみよう。

全額返金保証を全面に押し出してくる

「全額返金保証」は、相手を安心させて購入や登録を促す魔法の言葉だ。
いざとなればお金が戻ってくると思い込むことで、「とりあえず買ってみるか」という気になってしまう。
しかしこの全額返金保証は一体何に対して行われるのか、よくよく見るほど具体性がないものだと気づくだろう。
「全額返金保証」を全面に押し出して予想購入を煽るサイトは、言葉のインパクトで裏に潜む悪質な手口を隠している可能性がある。

実際に予想の的中率が高いサイトは口コミで評判が広がり、わざわざ返金保証をちらつかせなくとも安定して会員を確保できるはずだ。
全額返金保証を押し出さないと人を集められない時点で、予想精度の低さを物語っているようなものなのである。

情報料やサイトへの月額が異常に高い、価格がエスカレートしていく

悪徳業者による予想サイトや詐欺師の情報商材というものはとにかく請求額が高額になりがちだ。
優良サイトのように一つ一つは少額でも良い予想を得ることで多くの人に購入され利益を得られるものと違い、詐欺の場合は引っかかったカモ一人一人からできるだけたくさんのお金を騙し取らなければならないためである。

最初は良心的な価格であっても安心はできない。
初月や1回目の購入は特別価格だったと次からいきなり金額が釣り上がり、どんどんとエスカレートするというケースもある。
この傾向が見られたら、次々と搾取される前にすぐに退会、相手との関係を切ろう。

「先行投資」「すぐ元が取れる」と借金をさせようとする

今手持ちがない、そんな大金支払えないと断ろうとする人に対してキャッシングやクレジットカードの現金化、さらには借金を勧める業者。
それは優良な相手だと言えるだろうか。
そのような行為を勧める時点で、利用者の後々の返済については一切考えていない詐欺師だと断定してもいい

「先行投資」「すぐ稼げるから返済も楽々」と甘い言葉を並べてくるのも特徴的であるが、本当に予想が当たって簡単に大儲けできる保証などどこにもない。
的中せずお金が返せないと泣きついたとしても、「自己責任」と言われておしまいである。


競輪予想サイト・情報提供で詐欺にあってしまったら状況・情報の整理をしよう【証拠集め・裏付け】

競輪の予想サイトや情報提供の詐欺は、先に紹介したように相手がサイトや連絡先ごと消して逃げてしまうという事態も起きうる。
もし詐欺にあった、騙されたという時は、相手よりも早く行動を起こし問題解決に当たる必要がある。
速やかに詐欺に関しての情報や証拠を集め、わかりやすく整理しておこう。

  • 業者、情報販売者の情報
    競輪予想サイト名、URL、ページのスクリーンショット
    運営会社の事業者情報があればメモ(念のためスクリーンショットもしておくと良い)
    個人の販売者の場合は連絡先、SNSアカウントなど
  • 詐欺被害の詳細
    どのような詐欺にあったのか、内容を箇条書きで良いので書き出しておく
    金銭的被害にあった時は金額がわかるもの(クレジットカード、銀行振り込みの明細など)
    購入した予想の内容もスクリーンショットで残しておく
  • 相手とのやり取り
    サイト運営者や販売者と直接やり取りした内容は必ず保存やスクリーンショットしておく
    電話や音声通話は録音できると証拠となる

上記したポイントはぜひ押さえておきたい。


問い合わせ相談窓口や電話・通報連絡先:実際に競輪予想サイト・情報提供詐欺にあった場合の解決方法と手順【どこに連絡・相談するべきか?】

①自力解決!?競輪予想サイトの運営者、競輪情報提供者へ問い合わせる【運営元とご自身でやり取り】

被害回復の第一歩としてすぐに行えるのは、自分自身で詐欺の加害者へ連絡を取ることだ。
相手とやりとりが可能な状況であれば、まずは一度返金の要望を出してみよう。
可能性としては高いとは言えないが、あっさりと返金に応じるケースも存在しないわけではない。
もしそれで解決できれば最も時間や手間をかけずに終わらすことができる。

しかし、相手が手慣れた悪徳業者だった場合、消費者側からクレームが来ることなど想定内。
生半可な交渉力では逆に言い負かされ、場合によっては「脅迫だ」「名誉毀損」など理由をつけて逆にお金を請求されるという危険もある。
決して無理はせず、話にならないと感じたら下記で紹介する窓口を頼り、第三者の力を借りよう。

メリット

  • 自力で解決できれば、他人に知られることもなく、手間や時間も最小限に抑えられる
  • 相手とのやり取りの内容次第では詐欺の証拠として使える情報が増やせることも

デメリット

  • 詐欺を目的とする悪徳な相手の場合は、個人の交渉で返金まで持っていくことは難しい
  • 刺激しすぎると逃亡されたり、逆にお金を請求される事態に発展してしまうリスクがある
  • 相手が危ない会社の場合は、直接やりあうのは危険が伴う

②競輪予想サイト・情報提供の詐欺について無料で相談できる窓口へ連絡・通報

詐欺の被害にあった時、一番よくないのは一人で悩んで時間が過ぎていってしまうことだ。
とは言え、周りに相談する人がいなかったり、どこに話をしていいのかわからない人は少なくない。
ここでは、困ったときに気楽に利用できる相談窓口を紹介しよう。

どれも公的機関によって運営され、相談に際して費用もかからない。
「こんな些細なことでもいいのかな」と思っても、遠慮することなくコンタクトを取ってみてほしい。

消費者ホットライン

高額の予想を買わされてしまった、有料サイトの登録によって困っている…そんな問題は消費生活センターへ相談してみよう。
消費生活センターは各地方公共団体が設置している機関で、消費者トラブルに関して幅広く対応している。
相談の際には消費者ホットラインを使うことでスムーズに話を進められるのでおすすめである。
「188」とダイヤルするだけで全国どこからでもかけることができる消費者ホットラインは、相談者の最寄りや相談内容に合わせて最適な消費生活センターへ電話を取り次いでくれる。

「188(いやや)」と覚えやすい番号なので、急ぎの時や窓口の連絡先を調べる余裕がない時にも便利だ。

また、もし相手との交渉がうまく進まなかったり、連絡を取り合うことが困難な状況に陥った場合は、消費生活センターが間に入って話し合いを手助けする「あっせん」を受けられることもある。
消費者トラブルに巻き込まれたら、まずは「188」と覚えておいて損はないだろう。

法テラス

ギャンブルの予想に関わる詐欺の場合、「法律的にどうなの?」と感じる状況も出てくるかもしれない。
ただ、法律の知識のない一般の人では、その判断を自分で行うことは難しい。
そんな時は法テラスに相談をすれば、法的な視点から問題点を指摘したり、被害回復に向けたアドバイスを受けることができる。

また、大きな被害を受けてしまい既に弁護士への依頼を検討しているという人も、法テラスから適した法律事務所の紹介を受けることも可能だ。

ギャンブル関連の詐欺は被害金が巨額になることも珍しくないため、弁護士へ依頼したくても費用面に不安を抱える人も多い。
そんな人向けに、弁護士費用の立替や無料相談などを行う制度も設けているため、まずは一度適用可能かどうかも含めて話をしてみよう。

適格消費者団体

詐欺に引っかかる入口は人それぞれだが、WEB広告やSNSのプロモーションがきっかけになることが増えている。
こういった広告は人を集めるために大袈裟な表現を使用することが多く、中には「100%当たる」等の不可能な売り文句を大々的に押し出していることも。
適格消費者団体は明らかな誇大広告や詐欺師からのしつこい勧誘に対し、消費者に代わって差止め請求ができる団体だ。
被害金を取り戻すことには直接つながらないが、差し止めが行われることで更なる被害者の拡大を防ぐ効果は十分期待できる。

もし同じ業者による被害者が同時に複数いる場合には、特定適格消費者団体から集団訴訟を起こし、被害金の請求を行えることもある。
まずは同様な被害にあっている人がいないか問い合わせてみてもいいだろう。

警察相談専用電話

警察が緊急性のない事柄に対して幅広く相談を受け付けるために設けた窓口が警察相談専用電話だ。
「#9110」で全国どこからかけても最寄りの窓口へ自動的につながるようになっている。
ここでは、被害状況のヒアリングから適切な専門機関の紹介を受けたり、警察視点から解決に向けたアドバイスをもらうことができる。
犯罪のデータが集まる警察だからこそ、類似の事件や過去の解決事例から、個人では思いつかなかった解決方法が見つかることもあるかもしれない。

あくまで相談専用電話ではあるが、警察に直接話ができるというのは詐欺にあった時には心強いはずだ。

メリット

  • 費用をかけることなく、国の設置した専門機関に相談をすることができる
  • 各分野の知識を持った相談員からアドバイスを受けて解決策を練ることができる
  • 条件が揃えば、法テラスの弁護士費用の分割支払いや消費生活センターのあっせんといった制度が受けられる場合も

デメリット

  • とにかく被害金をすぐ取り戻したい、相手に制裁したいという人には向かない方法
  • 予約制の窓口ではないため、混み合って繋がり難い、閉所時間になってしまうなど時間的制約がある

③法律事務所への依頼で被害金を取り返す!!競輪予想サイト・情報提供の詐欺について弁護士・司法書士へ相談

前項までで紹介したのは、あくまで自分自身で行動して相手にアプローチしなければならない方法だ。
被害が甚大な場合、相手がプロの詐欺集団の場合などは個人の力ではどうしようもないこともある。
そんな時は法律のプロである弁護士・司法書士の力を借りるのが最も解決への近道になるだろう。
返金の交渉はもちろんのこと、詐欺師側から心身に著しいダメージが残る行為を受けた場合は損害賠償請求といった法的措置をとることも可能になる。

依頼に際して費用が発生するというのが一番のネックだが、成功報酬型や着手金無料など法律事務所によって支払いの契約は様々なので、事前に一度無料相談等を利用して確認しておくと安心だ。
最近では問い合わせフォームやメール・LINEを使ったリモート的な相談受付方法も増えてきている。
対面相談や電話はハードルが高い…という人はネットを介してまずはコンタクトを取ってみよう。

メリット

  • 被害回復に最も直結する方法であり、場合によっては慰謝料や損害賠償請求が行えることも
  • 被害が大きいほど効果を感じることができる
  • 費用面は事前に問い合わせフォームや無料相談で確認しておけば安心して依頼できる

デメリット

  • 被害額が少額な場合など、法律事務所の利用がむかないケースもある
  • 相手に既に逃亡されていたり、詐欺と言えるような証拠が用意できていない場合は弁護士の力でも解決が難しくなる

結論:その予想、大金を払う価値がある?競輪の予想サイトや情報提供の利用は慎重に

公営競技と呼ばれる、国が認めたギャンブルの一つである競輪。
予想情報の需要も高く、世の中には数多くの予想サイトや予想屋と言われる情報提供者が溢れている。
ただ、それらの中には悪質なものも混じっており、決して健全な市場とは言い難い。
数百万円もの大金を予想サイトに関わる詐欺で失う人も出ていることからも、利用に際しては慎重に考慮する必要があるだろう。

ただ、たとえギャンブルとは言え競輪はストイックに体を鍛え上げた選手たちが危険を顧みず全力で行う競技だ。
それに対して「八百長レース」「内部からの漏洩情報」を餌に利用者を吊ろうとする詐欺師たちの卑劣さは許されるものではない。
競輪という競技の安全な存続のためにも、悪徳業者にお金を払ってのさばらせないようにしっかりと見極めるのが我々消費者のできることだろう。
本記事で紹介した詐欺の手口、そして見分け方を参考に悪質な予想サイト・情報提供者に引っかからないよう、ぜひ選択眼を身につけてほしい。

もしも詐欺に遭ってしまっても、焦ったり一人で悩む必要はない。
公的な機関が設けている無料相談窓口や法律事務所など、詐欺と戦うためのアドバイスをくれる機関はいくつもある。
大切なお金をみすみす詐欺師に渡して泣き寝入りになってしまわぬよう、勇気を出して他人の力も頼ってみよう。

ネットトラブル詐欺被害(情報商材&副業詐欺)における返金を依頼するならココ!!
■おすすめ①:法律問題の無料相談窓口「日本法規情報」 法律問題の無料相談窓口「日本法規情報」 日本法規情報は、無料でネットトラブルや副業詐欺被害等、法律問題全般を相談できる解決窓口。 「弁護士・法律事務所は数が多すぎてどこへ依頼すれば良いかわからない」というお悩みを一発解決。 精査された信頼できる法律事務所のみをご紹介。 ご案内可能な法律事務所は全国で1000箇所以上、法律の専門家はのべ3000人以上。 相談料0円・無料/24時間365日WEB申込受付可能/土日相談対応可能。

⇒詳細の解説・評判はコチラ ⇒無料相談・ご依頼はコチラ


■おすすめ②:イーライフ司法書士法人(旧:平栁司法書士事務所)   イーライフ司法書士法人 ネット副業詐欺や情報商材詐欺被害の相談&返金に強いイーライフ司法書士法人(旧:平柳司法書士事務所)。 相談料・交渉料・着手金は0円!!依頼費用は詐欺業者から返金額の35%!!お金がない人でも安心。

⇒詳細の解説・評判はコチラ ⇒無料相談・ご依頼はコチラ


Twitterでフォローしよう

おすすめの記事